静の 日々是好日

花鳥風月、鉄道、手芸作品など、いろいろな好きなもの、好きなことに囲まれた日々。

大角海浜公園で見た鳥たち

  1. 2009/02/28(土) 04:16:35_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6
大角海浜公園にいた鳥たちです。
野鳥がいるとやはりカメラを向けてしまいます。
(写真はそれぞれ、クリックすると大きな写真になります)

大角海浜公園 モズ 1
少し遠くの電線にとまっているのは モズ でしょうか。
大角海浜公園 モズ 2
モズ スズメ目モズ科

大角海浜公園 ホオジロ 1
ホオジロ が近くに降りてきていました。
大角海浜公園 ホオジロ 2
河津桜のところへ飛んで行き…こちらのほうが絵になるのですが、ちょっと後ろ向きです。
ホオジロ スズメ目ホオジロ科

大角海浜公園 ジョウビタキ・♂
すっかりお馴染みになった ジョウビタキ の♂。
冬鳥なのでもう少ししたら北へ帰るのでしょうか。
ジョウビタキ スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科

大角海浜公園 ツグミ
こちらは ツグミ
ツグミ スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科

大角海浜公園 コゲラ 1
コゲラ もいました。
大角海浜公園 コゲラ 2
コゲラ キツツキ目キツツキ科

2月16日 今治市波方町波方 大角海浜公園にて
スポンサーサイト

大角海浜公園 早春

  1. 2009/02/27(金) 05:18:21_
  2. 愛媛の風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:8
サンライズ糸山から同じ今治市の 大角海浜公園へ向かいました。
(写真はそれぞれクリックすると大きな写真になります)

大角海浜公園 河津桜 1
ここでも河津桜が咲いています。

大角海浜公園 河津桜 2
水仙もまだ咲いています。

大角海浜公園 河津桜 3

大角海浜公園 椿と来島海峡大橋
来島海峡大橋をバックに椿を撮ってみましたが、椿が暗いですね。

大角海浜公園
大角海浜公園は愛媛県の最北端にあります。

大角海浜公園 千間磯
灯台のある磯は、千間磯と呼ばれています。

大角海浜公園から見た来島海峡大橋
少し曇ってきましたが、来島海峡大橋がよく見えました。

2月16日 今治市波方町波方 大角海浜公園にて

河津桜にはメジロがいっぱい!

  1. 2009/02/26(木) 04:02:46_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:20
サンライズ糸山の河津桜には、たくさんのメジロが来ていて、花の間を飛び回っていました。
そんなメジロたちです。
(写真はそれぞれ、クリックすると大きな写真になります)

サンライズ糸山 河津桜とメジロ 1
パッと見ても、たくさんのメジロです。

サンライズ糸山 河津桜とメジロ 2
懸垂をしているように見えます (笑)。

サンライズ糸山 河津桜とメジロ 3
メジロたちはジッとしてなくて、
サンライズ糸山 河津桜とメジロ 4
飛び回って、花の蜜を吸っています。

サンライズ糸山 河津桜とメジロ 5
河津桜の上にちょこんと座っているようにみえる姿が可愛いです。

サンライズ糸山 河津桜とメジロ 6
口をちょっと開けて、鳴いているのかな…。

サンライズ糸山 河津桜とメジロ 7
逆さまになっても平気で、
サンライズ糸山 河津桜とメジロ 8
蜜を求めます。

サンライズ糸山 河津桜とメジロ 9
いつまで見てんのよ…と睨まれた気がしました (笑)。

2月16日 今治市砂場町 サンライズ糸山にて

河津桜 ― サンライズ糸山

  1. 2009/02/25(水) 06:09:23_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10
2月16日、今治市のサンライズ糸山へ河津桜 (カワヅザクラ) を見に行きました。
河津桜は1月下旬から2月にかけて開花する早咲きの桜。
オオシマザクラ (大島桜) と カンヒザクラ (寒緋桜) の自然交配種だと推定され、花も1ヶ月ほど楽しむことができます。
静岡県賀茂郡河津町で原木が発見されたということで、河津桜と名付けられたということです。
(写真はそれぞれクリックすると大きな写真になります)

サンライズ糸山 河津桜 1
サンライズ糸山はサイクリングターミナルで、しまなみ海道を自転車で渡るための自転車を借りることができます。
河津桜は来島海峡大橋を背景に咲いています。
サンライズ糸山 河津桜 2

サンライズ糸山 河津桜 3

サンライズ糸山 河津桜 4
濃い淡紅色で大きな花が咲きます。
サンライズ糸山 河津桜 5

サンライズ糸山 河津桜 6

ここではたくさんのメジロが飛び回っているのを見ました。
メジロのいろいろなポーズの写真をとりましたので、明日はメジロの写真をUPします。

2月16日 今治市砂場町 サンライズ糸山にて

愛媛県総合運動公園 探鳥会

  1. 2009/02/24(火) 05:00:45_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:19
まだまだ花の写真もあるのですが、愛媛県の総合運動公園で行われた探鳥会に参加した時に撮影した野鳥たちの写真をUPします。
野鳥たちは遠くにいることが多かったのでトリミングしています。
上手く写せていませんが…。
(クリックするとそれぞれ大きな写真になります)

県総合運動公園 カモたち
まず池のカモたちを観察した後、公園内を少し上りながら歩きました。
県総合運動公園 シロハラ 1
この鳥は シロハラ だそうです。
シロハラ スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科
県総合運動公園 シロハラ 2
この シロハラ、大きなミミズを食べていました。

県総合運動公園 シメ 1
この鳥は シメ
シメ スズメ目アトリ科
県総合運動公園 シメ 2
シメ の後姿。

県総合運動公園 カワラヒワ
カワラヒワ が群れでいました。
カワラヒワ スズメ目アトリ科

県総合運動公園 アトリ 1
細い枝でわかりにくいですが、アトリ も群れでいました。
アトリ スズメ目アトリ科
県総合運動公園 アトリ 2
この子は♀でしょうか。

県総合運動公園 エナガ 1
この鳥は エナガ なんですが、よくわからない写真になってしまいました。
エナガ スズメ目エナガ科
県総合運動公園 エナガ 2
これも上手く撮れてはいませんが、枝に飛び移っているところです。

県総合運動公園 ノスリ
上空を優雅に飛んでいたのは ノスリ だそうです。
ノスリ ワシタカ目ワシタカ科

写真に撮れなかった野鳥もたくさんいました。
初めて見る野鳥も多く、自分では見つけることができないだろう野鳥を見ることができて、いろいろ教えてもらえましたので、とても楽しかったです。

この日は愛媛マラソンの日で、陸上競技場がスタート地点でしたので、陸上競技場あたりは大勢の人でした。

2月8日 松山市上野町 愛媛県総合運動公園にて

堀之内公園と松山城二之丸史跡庭園

  1. 2009/02/23(月) 05:01:23_
  2. 地元・松山から
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
梅津寺パークで梅を見た後は、松山の城山公園の一角、堀之内公園と松山城二之丸史跡庭園を散策。
(横長の写真は、クリックすると大きな写真になります)

堀之内公園
堀之内公園でも梅が見頃になっていました。
堀之内公園 梅

堀之内公園 白鳥と梅 1

堀之内公園 白鳥と梅 2
白鳥も優雅に…。

2月12日 松山市堀之内 堀之内公園にて


続いて、松山城二之丸史跡庭園へ。
松山城二之丸史跡庭園 1
こちらも梅が咲いています。
松山城二之丸史跡庭園 2

松山城二之丸史跡庭園 3

松山城二之丸史跡庭園 紅梅と蝋梅
紅梅とともに蝋梅もまだ咲いていました。

松山城二之丸史跡庭園 白梅

2月12日 松山市丸之内 松山城二之丸史跡庭園にて

梅津寺パークの梅

  1. 2009/02/22(日) 06:22:36_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
松山近辺でもお花の季節になってきました。
まずは、松山市梅津寺にある 梅津寺パークの梅、撮影は2月12日です。
(クリックすると大きな写真になります)

梅 梅津寺パーク 1
梅津寺パークには紅梅・白梅が150本あるそうです。
梅 梅津寺パーク 2

梅 梅津寺パーク 3
12日には花は見頃、すでに見頃を過ぎている木もありました。

梅 梅津寺パーク 4
梅林の向こう側には遊園地もありますが、この遊園地は来月、3月15日に閉園することになっています。
昭和38年 (1963年) に開園したこの遊園地は、長年親しまれてきましたが、入園者の減少などもあり、閉園ということです。
閉園を惜しんでか、平日のこの日も、家族連れの入園者が乗り物に乗って遊んでいました。
去年も梅を見に行きましたが、去年は乗り物がまったく動いてなかったのです。

ジョウビタキ 梅津寺パーク
メジロもたくさんいましたが、お馴染みの ジョウビタキ・♀ もいましたので撮影。

メジロ 梅津寺パーク 1
やはりメジロも撮ります。
メジロ 梅津寺パーク 2
白いふっくらしたお腹が可愛いです。

伊予鉄道・郊外電車 モハ820形
この梅津寺パークは、伊予鉄道・高浜線 (郊外電車)、梅津寺駅のすぐそばですから、やはり電車も撮影しました。
モハ820形です。

2月12日 松山市梅津寺 梅津寺パークにて

安芸郡 (高知県) の夕景

  1. 2009/02/21(土) 04:46:11_
  2. 四国の風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6
奈半利川鉄橋での撮影の後は帰路に着いたのですが、ちょっと夕景を撮影しました。
(写真はクリックすると大きな写真になります)

松林と夕日
場所がよくわからないのですが、松林の間に見える夕日です。

芸西村・琴ヶ浜 の夕景 1
もう少し帰路をたどり、芸西村の琴ヶ浜へ。
芸西村・琴ヶ浜 の夕景 2
雲が多くなってきて、思ったような夕景にはなりませんでした。

これで 高知・徳島小旅行の写真は終わりです。
長々と見ていただいてありがとうございました。

2月5日 高知県安芸郡にて

土佐くろしお鉄道 奈半利駅近く

  1. 2009/02/20(金) 05:42:16_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
室戸市から安芸郡奈半利 (なはり) 町まで戻って、もう一度、土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線を撮影。
場所を奈半利駅近くの奈半利川の鉄橋に決めて、列車を待ちます。
(写真はクリックすると大きな写真になります)

奈半利町 コガモ
列車が来るのを待つ間に、奈半利川河口にいたコガモたちを撮っていました。

ごめん・なはり線 9640型 (1)
列車がやってきました。
展望デッキ車両ではない、普通の 9640型 の車両です。
夕日を浴びて、シルエットになっています。
ごめん・なはり線 9640型 (2)

ごめん・なはり線 9640型 (3)
アップにすると列車がよく見えましたが、鉄橋にピントがあってしまっています。
この列車にも各駅のキャラクターが小さく並んで描かれていました。

2月5日 高知県安芸郡奈半利町 土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線 奈半利川鉄橋にて

室戸にて

  1. 2009/02/19(木) 06:36:04_
  2. 四国の風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
高知県東洋町から帰路は室戸市を通りましたが、室戸岬は以前に行ったことがあるので、時間のない今回は寄りませんでした。
道の途中で見かけた風景です。
(写真はクリックすると大きな写真になります)

室戸市 夫婦岩
室戸市の佐喜浜町と室戸岬町の境の鹿岡鼻にある 夫婦岩です。
二つの岩柱が仲良くならんでいて、岩は長年の風食作用で蜂の巣のようになっています。

室戸市 菜の花
菜の花がきれいに咲いている場所を見つけました。

そして、「海の駅とろむ」 で休憩。
海の駅とろむ イカの天日干し 1
イカが天日で干されています。
海の駅とろむ イカの天日干し 2
くるくる回しながらの天日干しが面白かったので撮影しました。

2月5日 高知県室戸市にて

海岸線の景色

  1. 2009/02/18(水) 04:47:42_
  2. 四国の風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
目的の阿佐海岸鉄道を見て帰路につきましたが、帰りは海岸線の景色を見ながら室戸を回りました。
(写真はクリックすると大きな写真になります)

海陽町 那佐湾 1
青い海がきれいな海陽町の那佐湾です。
反対側を見ると
海陽町 那佐湾 2
こんな感じです。
海陽町 那佐湾 3
水がとてもきれいです。
この先の竹ケ島というところは海中公園があって、海中観光船でサンゴや熱帯魚を見ることができるそうで見たかったのですが、日帰りなので時間がなく残念でした。

2月5日 徳島県海陽町 那佐湾にて


徳島県から高知県の東洋町へと戻ります。
東洋町 白浜 1
白浜です。
東洋町 白浜 2
ここもきれいな場所でした。
この先の生見にはサーフィンビーチがあって、多くのサーファーが訪れるということです。

東洋町 トビ 1
トビが飛んでいたので、カメラを向けます。
東洋町 トビ 2

東洋町 トビ 3

2月5日 高知県東洋町にて

海部駅

  1. 2009/02/17(火) 04:04:47_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:24
旧宍喰町で走っている 阿佐海岸鉄道 を撮影した後、国道55号線をもう少し走り、海陽町 (旧海部町) 奥浦 にある 海部駅へ。
海部駅は、JR四国・牟岐 (むぎ) 線 と 阿佐海岸鉄道の駅です。

海部駅 JR四国・駅名標
(クリックすると少し大きな写真になります)
1番線がJR四国・牟岐線のホーム、JR四国の駅名標です。

海部駅 阿佐海岸鉄道・駅名標
(クリックすると少し大きな写真になります)
2番線は阿佐海岸鉄道のホーム、阿佐海岸鉄道の駅名標です。

町内トンネル
(クリックすると少し大きな写真になります)
ホームから牟岐線の方を見ると、山のないトンネルがありました。
このトンネルは 「町内 (まちうち) トンネル」 という名前で、当初は山を貫いていたのに、宅地開発などによって山が切り崩され、構造物だけのトンネルになったということです。
キハ40 (1)
(クリックすると大きな写真になります)
町内トンネルを通って、牟岐線の列車、キハ40 がやってきました。
キハ40 (2)
(クリックすると大きな写真になります)
1番ホームに到着です。
しばらくすると、
ASA-101 (1)
(クリックすると大きな写真になります)
阿佐海岸鉄道の列車が山のあるトンネルを抜けてやってきました。
ASA-101 (2)
(クリックすると大きな写真になります)
ASA100形 の ASA-101 です。
1番線の線路、私が写真を写しているすぐ前は、ほとんど使われてないので錆びています
キハ40 と ASA-101
(クリックすると大きな写真になります)
並ぶと、ASA-101 は小さく見えます。
キハ40 (3)
(クリックすると大きな写真になります)
キハ40 は出発し、
ASA-101 (3)
(クリックすると大きな写真になります)

ASA-101 (4)
(クリックすると大きな写真になります)
ASA-101 も出発してゆきました。

2月5日 徳島県海部郡海陽町 (旧海部町) 奥浦 海部駅 にて

阿佐海岸鉄道

  1. 2009/02/16(月) 04:49:00_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
さて、海陽町 (旧宍喰町) でのお目当ては、阿佐海岸鉄道です。
阿佐海岸鉄道は、JR四国牟岐線と繋がっている 徳島県の海部 (かいふ) 駅~高知県の甲浦 (かんのうら) 駅までの短い路線の第三セクターの鉄道です。
駅は、 徳島県海陽町の 海部駅、宍喰 (ししくい) 駅、高知県東洋町の 甲浦駅 の3駅です。
海岸鉄道の名のとおり、海岸線に沿って走っていて、眺めは良い…と言いたいのですが、トンネルが多くて、トンネルとトンネルの間に美しい景色が見えるという感じでしょうか。
(写真はクリックすると大きな写真になります)

阿佐海岸鉄道 1
1両だけの可愛い列車です。

次に上の写真の左端の海岸沿いに移動。
眺め 1
景色を撮りながら、列車を待ちます。

阿佐海岸鉄道 2

阿佐海岸鉄道 3
3駅の間をトコトコ走っています。
夏には風鈴が吊り下げられた 「風鈴列車」 が走ります。

きらめく海
列車の撮影のあと、きらめく海を撮っていると、左の島に鳥がいるように見えます。
ウミウ?
逆光なのでよくわかりませんが、ウミウの群れでしょうか?

2月5日 徳島県海部郡海陽町 (旧宍喰町) にて

明日は海部駅での写真をUPします。

道の駅 やす

  1. 2009/02/15(日) 05:04:53_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
朝日を見た土佐市の仁淀川河口から海岸沿いを通って、高知市も抜け、香南市夜須町へ…。
夜須町にある 「道の駅 やす」 で休憩。
(横長写真はすべてクリックすると大きな写真になります)

この 「道の駅 やす」 のそばにあるのが、第三セクターの 土佐くろしお鉄道・阿佐線 通称ごめん・なはり線 の夜須駅です。
土佐くろしお鉄道・夜須駅 (9640-1S) 1
ちょうど列車が停まっていました。
私が初めて見た 9640型-1S 展望デッキ車両です。

この土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線 は、ほとんどが海岸線を走っていて高架になっています。
それで太平洋の潮風を車窓から感じてもらいたい…ということで、展望デッキ車両が走っています。
もう少しアップで見てみましょう。
土佐くろしお鉄道・夜須駅 (9640-1S) 2
車両の海側はガラスのないオープンデッキになっています。
先頭部分をもう少しアップで。
土佐くろしお鉄道・夜須駅 (9640-1S) 3
偶然、この展望デッキ車両を見ることができてラッキーでした。
横に描かれているイラストは、漫画家やなせたかしさんが描いた各駅のキャラクターです。

ごめん・なはり線は各駅にキャラクターがあって、たとえば…
2007.6.21 土佐くろしお鉄道・後免駅
これは2007年6月21日に撮影した後免駅 (南国市駅前町) のキャラクター 「ごめん えきお君」 です。

さて、「道の駅 やす」 は、海水浴場などがある公園 「ヤ・シィパーク」 と隣接しています。
「ヤ・シィパーク」 の名前の由来は、夜須、海 (sea)、椰子の木 からきているそうです。
ワシントン椰子
ということでワシントン椰子が植えられています。

道の駅やす ジョウビタキ ♂
野鳥を見るとやはり撮影してしまいます。
この頃、お馴染みになった ジョウビタキ の ♂ です。

2月5日 高知県香南市夜須町千切 道の駅 やす にて


この後、奈半利町から北川村を通って東洋町へ。
帰りは室戸市を通ったのですが、距離としては近い山を抜ける道より、距離の長い海沿いの道の方が運転が楽だったということです。
高知県の東洋町から、徳島県の海陽町の宍喰 (ししくい) へ。
道の駅 宍喰温泉 スズメ
「道の駅 宍喰温泉」 で撮った、仲良しスズメ です (笑)。

2月5日 徳島県海部郡海陽町 (旧宍喰町) 道の駅 宍喰温泉 にて

明日はお目当ての 「阿佐海岸鉄道」 をUPします。

土佐湾 朝の景色

  1. 2009/02/14(土) 04:21:42_
  2. 四国の風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
2月5日、高知県の室戸を通って東洋町、そして徳島県の海陽町まで出かけました。
目的は鉄道なんですが (笑)、その時の写真を順番にUPしていきます。

朝4時過ぎに出発、高速道路を通らずに、国道33号線を通って高知県へ…。
7時頃に、土佐市の仁淀川河口付近で朝日を見ました。
(写真はそれぞれクリックすると大きな写真になります)

土佐湾 朝の景色 1
もう日の出時間は過ぎていますが、水平線の近くに雲があって、まだ太陽が見えません。
瀬戸内海と違って島影もなく、ただ海が広がっています。

土佐湾 朝の景色 2
カラスが飛んでいたので撮ろうとすると、偶然、左の方にサーフィンをしている人が…。

土佐湾 朝の景色 3
あまりにも海だけなので、木を入れて撮ってみました。

土佐湾 朝の景色 4
雲から朝日が顔を出しました。

土佐湾 朝の景色 5

土佐湾 朝の景色 6
船が通ってくれたので、ちょっと絵になります…。

島がない海というのは、いつも瀬戸内海を見ている私には新鮮です。
また、去年も何度か高知へ行って太平洋を見たのですが、いつも雨!
久々に晴れた太平洋を見ることができたのは嬉しかったです。

2月5日 高知県土佐市 仁淀川河口付近にて

伊予鉄道・三津駅 新駅舎

  1. 2009/02/13(金) 05:02:34_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
2月4日夕方、伊予鉄道の三津駅の前を通ると、新駅舎が完成していましたので、車を停めて撮影しました。
以前の駅舎は昭和初期の建築で独特の建築様式でした。
以前の駅舎の写真は こちら 、取り壊される直前の写真は こちら にあります。
この古い駅舎の保存を求める声もあったのですが、耐震性強化やバリアフリー対応などもあり、以前の駅舎のイメージを残して改築されました。

写真はそれぞれクリックすると大きな写真になります。
伊予鉄道・三津駅 新駅舎 夕方 1
ちょうど5日に落成式があったそうで、その前日に撮影することができました。
夕方で灯りが点ってきれいです。

伊予鉄道・三津駅 新駅舎 夕方 2
出入り口は旧駅舎のイメージを残して、アールヌーボー調のデザインです。

伊予鉄道・三津駅 新駅舎 夕方 3
駅前はロータリーになり、バスが乗り入れできるようになりました。

伊予鉄道・三津駅 新駅舎 夕方 4
斜め横から見たところ。

伊予鉄道・三津駅 新駅舎 夕方 5
線路側から見たところ。

2月4日 松山市三杉町 伊予鉄道高浜線 三津駅にて

…とここで記事を終える予定でしたが、昨日 (2月12日)、この伊予鉄道高浜線の電車に乗りましたので、昼間の三津駅の写真も追加します。
伊予鉄道・三津駅 新駅舎 昼間 1

伊予鉄道・三津駅 新駅舎 昼間 2
線路側から見たところ。

伊予鉄道・三津駅 新駅舎 昼間 3
バスが停まっています。

伊予鉄道・三津駅 新駅舎 昼間 4
電車が通っているところも撮影。

2月12日 松山市三杉町 伊予鉄道高浜線 三津駅にて

松山城 ― 梅と城壁雛

  1. 2009/02/12(木) 04:14:44_
  2. 地元・松山から
  3. _ tb:0
  4. _ comment:18
2月1日、お城山での探鳥会に参加しました。
野鳥の写真も撮ったのですが、遠くからでうまく撮れていませんでしたので、探鳥会後に撮った梅と城壁雛の写真をどうぞ…。

松山城 天守閣と梅 1
(クリックすると大きな写真になります)
紅梅も咲いて、1月17日に行った時より華やかです。

松山城 ―天守閣と梅 2
(クリックすると大きな写真になります)

松山城 ― 白梅
(クリックすると大きな写真になります)
白梅も見頃になってきました。

松山城 ― 城壁雛 1
(クリックすると大きな写真になります)
土日祝日に松山城を訪れたことがなかったので、初めて城壁雛を見ました。
今年は1月26日の旧正月から3月3日の雛祭りまで土日祝日に、お雛様や姫だるまが展示されています (雨天中止です)。

松山城 ― 城壁雛 2
(クリックすると大きな写真になります)
これは愛媛・松山の名産品…姫だるま です。

松山城 ― 城壁雛 3

松山城 ― 城壁雛 4
(クリックすると大きな写真になります)
こんなところにもお内裏様が…。

松山城 ― 城壁雛 5
(クリックすると大きな写真になります)

松山城 ― 城壁雛 6
(クリックすると大きな写真になります)

松山城 ― 城壁雛 7
(クリックすると大きな写真になります)
姫だるまもあちこちに…。

松山城 ― 城壁雛 8
(クリックすると大きな写真になります)
こちらは坊っちゃん列車とマドンナのお人形ですね。

お雛様と姫だるまで華やかな松山城でした。

2月1日 松山城にて

ジョウビタキ

  1. 2009/02/11(水) 03:31:25_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
経ヶ森から太山寺へ下りたところで、可愛いジョウビタキに出会いました。
(写真はそれぞれ、クリックすると大きな写真になります)

ジョウビタキ ♀ 1
地味な色の♀ですが、ふっくらして可愛いです。
ジョウビタキ ♀ 2

ジョウビタキ ♀ 3
飛んだので逃げたのかと思ったら、近くの木にやってきました。
慌てて写真を撮ったので、柵がじゃまになっています。
ジョウビタキ ♀ 4

ジョウビタキ ♀ 5
後姿も可愛いです。

ジョウビタキ ♀ 6
この後、飛んでいってしまいました…。

1月31日 松山市太山寺町 太山寺にて

太山寺

  1. 2009/02/10(火) 06:55:04_
  2. 神社仏閣
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
経ヶ森を下りると、四国霊場 第52番札所 太山寺です。
もともと経ヶ森が太山寺発祥の地だそうです。
…今から1400年ほど前、豊後国の真野長者が高浜沖で嵐にあったとき、観音経を唱えて祈ると、瀧雲山 (経ヶ森) から五色の光が差して海が穏やかになりました。
長者がこの山に登ってみると、草深い小さなお堂に十一面観音像が安置されていました。
ご利益をいただいたお礼にと長者は山の中腹に本堂を建てました。…
(写真はクリックすると大きな写真になります)

太山寺 本堂 1
山門から見た太山寺本堂。

太山寺 本堂 2
この本堂は鎌倉時代の 嘉元3年 (1305年) に建てられたもので、国宝です。

太山寺 大師堂
大師堂。

太山寺 鐘楼堂
鐘楼堂 は江戸時代の 明暦元年 (1655年) に再建されたものだそうです。
太山寺 梵鐘
中にある梵鐘は室町時代初期 (南北朝時代) 永徳3年 (1383年) に鋳造されたもの。
太山寺 鐘楼堂内部
また、内部には地獄絵と極楽絵が描かれています。

太山寺 山門
山門は緑の葉がきれいでした。

1月31日 松山市太山寺町 太山寺にて

経ヶ森にて

  1. 2009/02/09(月) 05:41:02_
  2. 地元・松山から
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
1月31日、第52番札所・太山寺の裏から、経ヶ森へ登ってみました。
200mほどの山ですが、眺めが良いところです。
ただ、この日は天気があまり良くなく、風も強くて寒い日でした。
それに最後の登りが私にはきつくて、膝にサポーターをしていませんでしたので、後で悪い方の左膝が痛くなってしまいました。
(写真はクリックすると大きな写真になります)

経ヶ森から 1
天気があまり良くないので、眺めは今一つですが、三津方面が見えます。
右の山は岩子山、左手前の山は港山。

経ヶ森から 2
後の島は 興居島 (ごごしま)、手前の小さな島は ターナー島 こと 四十島 (しじゅうしま)。
四十島は四十島瀬戸と呼ばれる海峡にある無人島です。
「ターナー島」 という名前は、夏目漱石の小説 「坊っちゃん」 からきています。
坊ちゃんと一緒に船釣りに出た 教頭・赤シャツ が、この島を 「ターナーの絵のようだ」 と言い、野だいこ こと 野だ が、「ターナー島と呼びましょう」 と応じたことに由来します。
島というよりは3つの岩礁群ですが、漱石が松山に赴任した頃は、松で青々としていたようです。
松くい虫の被害などで一時、松は全滅していたのですが、市民の植樹によって松が根付いてきています。

経ヶ森から 3
後は興居島、前の無人島は九十九島 (くじゅうくしま…というらしいです)。

経ヶ森から 4
船の往来も多い場所です。

経ヶ森から 5

1月31日 経ヶ森にて (経ヶ森山頂は、松山市の太山寺町・高浜町・石風呂町 の境界あたりです)

過去の写真から ― リゾートサルーン・フェスタ

  1. 2009/02/07(土) 04:24:36_
  2. 鉄道・過去の写真
  3. _ tb:0
  4. _ comment:20
今日は恒例 (?) の過去の鉄道写真をUPします。
松山に住んでいますと、JRはJR四国の予讃線しか通っておらず、見ることができる列車も限られています。
これは昔から同じで、以前はジョイフルトレインなどがやってくると、よく松山駅に写真を撮りに行きました。
今回はそんなジョイフルトレインの一つ、今はもう走っていない 「リゾートサルーン・フェスタ」 で、1989年4月に撮影したものです。
この列車は、キロ59 と キロ29 で構成されていて、キハ58形・キハ28形気動車を改造したものだそうです。
JR西日本の広島支社・広島運転所に所属していました。

クリックすると大きな写真になります。
フィルムが少し劣化していましたので、修整を加えたところもあります。

リゾートサルーン・フェスタ 1
先頭車は顔になっていて、口が開閉します。
開いた口にはLEDの電光掲示板があって、文字が見えます。
さらにこの列車にはスピーカーが付いていて、おしゃべりもしていました。

リゾートサルーン・フェスタ 2
口を閉じたところです。

リゾートサルーン・フェスタ 3
今から思うと3両全体を撮ってないのが残念ですが、両側が キロ59 で顔になっています。

リゾートサルーン・フェスタ 4
横から見るとこんなふうです。

リゾートサルーン・フェスタ 5
少し斜め前から…。

リゾートサルーン・フェスタ 6
最後は先頭車 キロ59 を斜め後ろから撮影しました。

今はもう解体されたそうで残念ですが、写真を見ていると懐かしくなります。

1989年4月13日 JR松山駅にて

海と列車と…

  1. 2009/02/06(金) 05:16:34_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
1月28日、久しぶりに列車を撮影に出かけました。
お天気も良く、海が青くて綺麗だろうと海の見える場所へ…。
とはいえ、松山の近くですので、以前に撮った場所です。
(クリックすると大きな写真になります)

まず、ここから海が見えるということで、光洋台駅近くの高台へ。
光洋台駅付近 7000系電車
7000系電車 です。
海は見えますが、少し後ろがごちゃごちゃしている気がします。

以前にも何度か撮影した、大浦-浅海間の撮影ポイントへ移動。
大浦-浅海間 8000系特急電車
8000系特急電車。

もう少し待って、
大浦-浅海間 7000系電車
7000系電車 も撮影。

さらに、ここも以前に撮影したことのある場所、 大浦駅の見えるみかん山へ移動。
青い海
青い海がよく見えます。

大浦駅付近 8000系特急電車 1
8000系特急電車。
椿の花が咲いていたので、一緒に撮ろうとしましたが、先頭が電柱にかかってしまいました。

大浦駅付近 8000系特急電車 2
特急電車はアッという間に通り過ぎます。

大浦駅付近 7000系電車
7000系電車 が大浦駅を出発したところです。

大浦駅付近 8000系特急電車 3
もう一度、8000系特急電車 を撮影。

お天気は良かったのですが、撮影中は風があって寒かったです。
お馴染みの場所、お馴染みの列車でしたが、青い海を背景に撮影できて…楽しい時間を過ごしました。

1月28日撮影
1枚目 松山市光洋台
2・3枚目 松山市大浦 JR四国 大浦-浅海間
4~8枚目 松山市大浦 JR四国 大浦駅付近     

椿まつり

  1. 2009/02/05(木) 05:00:00_
  2. 地元・松山から
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10
2月1・2・3日、椿まつりが行われました。
椿まつりは、伊豫豆比古命神社 (椿神社) の春祭りで、「椿さん」 と呼ばれています。
伊予路に春の到来を告げると言われる椿まつりは、旧暦1月7・8・9日に行われ、商売繁盛にもご利益があるということで、多勢の参拝客で賑わいます。
(クリックすると大きな写真になります)

椿まつり 1
楼門を通って

椿まつり 2
拝殿へ…

椿まつり 3
椿神社なので、椿と一緒に拝殿を撮影。

椿まつり 4
拝殿も賑わっています。

椿まつり 5
参拝を終えて

椿まつり 6
境内には縁起物の宝船や笹飾りを販売する露店が並んでいます。

2月2日 松山市居相 伊豫豆比古命神社 (椿神社) にて

森の交流センター 1月27日

  1. 2009/02/04(水) 04:27:47_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10
1月27日にもう一度、森の交流センターを訪れて、また野鳥たちを撮っています。
(それぞれクリックすると大きな写真になります)

森の交流センター(1月27日) ヒヨドリ
センダンの木には前回同様、ムクドリもいましたが、ヒヨドリ も来ていました。
ヒヨドリ スズメ目 ヒヨドリ科

森の交流センター(1月27日) イカル 1
イカル を見つけました。
もこもこしていて可愛いです。
イカル スズメ目 アトリ科
森の交流センター(1月27日) イカル 2

森の交流センター(1月27日) イカル 3
ちょっと枝がじゃまです。
森の交流センター(1月27日) イカル 4
イカル は以前にも撮りましたが、今度の方が少し近くでしたので、よく見えました。

森の交流センター付近(1月27日) ムクドリ 1
森の交流センターを出て少し行ったところで、水たまりに ムクドリ たちがいるのを見ました。
ムクドリ スズメ目 ムクドリ科
森の交流センター付近(1月27日) ムクドリ 2
違う枝に足をかけています。
こんなふうに留まることもあるんですね。
森の交流センター付近(1月27日) ムクドリ 3
ここには実がたくさん残っているセンダンの木もあって、ムクドリ は群れで来ていました。

1月27日 東温市田窪 愛媛県森の交流センター にて

森の交流センター 1月23日

  1. 2009/02/03(火) 06:51:53_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
また野鳥の写真です。
愛媛県森の交流センター (旧・愛媛県緑化センター) へ、1月23日と1月27日に行ってみました。
花はまだ少ないので野鳥を撮っていましたが、23日は曇りでムクドリしか見つけられませんでした。

森の交流センター(1月23日) ムクドリ 1
(クリックすると大きな写真になります)
センダンの木の実を食べています。

森の交流センター(1月23日) ムクドリ 2
(クリックすると大きな写真になります)

森の交流センター(1月23日) ムクドリ 3
(クリックすると大きな写真になります)

森の交流センター(1月23日) ムクドリ 4
(クリックすると大きな写真になります)
はばたいています。

森の交流センター(1月23日) ムクドリ 5

よく見かけるムクドリですが、見ていると楽しいです。

1月23日 東温市田窪 愛媛県森の交流センター にて

塩屋海岸の夕景 ― 幻日

  1. 2009/02/02(月) 05:18:15_
  2. 夕景・夜景・朝景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
1月27日、飛行機を見た後は、夕景を見ようと 塩屋海岸へ。
(それぞれクリックすると大きな写真になります)

塩屋海岸で夕日を見ると、太陽から少し離れた両側に虹のようなものが見えました。
塩屋海岸 幻日 1
よく見ると太陽を半円形に光がとりまいているようにも見えます。
塩屋海岸 幻日 2
帰ってから調べると、これは 『幻日 (げんじつ)』 という現象のようです。
『幻日』 は空中に浮かぶ小さな氷の結晶による現象で、氷晶がプリズムの役目をするので、虹のような色がついて見えることが多く、太陽側が赤っぽい色、太陽から遠い側が青っぽい色に見えるということです。
太陽をぐるっと取り巻いているのは、『幻日環』 と呼ばれるそうです。
塩屋海岸 幻日 3
向かって左側の 『幻日』 の上を飛行機が飛んでいます。

塩屋海岸 夕景
しばらくすると太陽も雲の中に入り、『幻日』 も消えてしまいました。

1月27日 伊予郡松前町 塩屋海岸にて

なぜか 飛行機!

  1. 2009/02/01(日) 06:25:37_
  2. 乗り物 (鉄道以外)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:18
今日からは2月、まだまだ野鳥を撮った写真もあるのですが、今日は飛行機です。
1月27日、雪化粧の石鎚山が見えるので、雪の石鎚山を背景に列車の写真を撮りたかったのですが、なぜか雪の石鎚山を背景に撮ったのは飛行機になってしまいました (笑)。

場所は松山空港のそばの 「空港南公園」。
石鎚山が見えるだろうということだけで行ったのですが、そこにはカメラを構えた方が2、3人いて、ちょっと不思議に思いました。
カメラを持った人がいた理由は、帰宅後、夜の地方ニュースを見て判明しました。
(それぞれクリックすると大きな写真になります)
松山空港 エンブラエル170 (1)
この飛行機は今日 (2月1日) から、名古屋小牧空港-松山空港間を (名古屋-福岡間も) 飛ぶ J-AIR の新型飛行機 「エンブラエル170」 (エンブラエル社はブラジルに本社がある航空機メーカー) だそうです。
76人乗りの小型ジェット旅客機で、上部がふくらんで下部が引き締まった形、主翼吊り下げエンジン、主翼の端にはウィングレット (小さな翼) が取り付けられています。
胴体断面は長円形で優れた居住性があり、最新鋭の装備だということです。
この日はPRキャンペーンで、やって来ていたようです。
松山空港 エンブラエル170 (2)
雪化粧の石鎚山を背景に…。
松山空港 エンブラエル170 (3)
飛び立ちました。

松山空港 マクダネル・ダグラス MD-90 (1)
これは、JALの マクダネル・ダグラス MD-90 です。
松山空港 マクダネル・ダグラス MD-90 (2)
離陸しました。

松山空港 アシアナ航空 エアバスA321 (1)
着陸してくるのは、アシアナ航空の エアバスA321 です。
松山空港 アシアナ航空 エアバスA321 (2)
松山空港では週3回、ソウル便があります。
松山空港 アシアナ航空 エアバスA321 (3)
この機種ではなかったのですが、松山空港からソウル便で韓国へ行ったのが唯一の海外旅行です。

思いがけず新型飛行機を撮影することができて、得した気分です。
でも飛行機はまったくわからないので、見たときは 「小さいジェット機だね」 などと言っていました。

1月27日 松山市南吉田町 空港南公園にて


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

静

Author:静
花鳥風月、鉄道、手芸など好きなものの写真日記

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2Ad

▲PAGETOP