静の 日々是好日

花鳥風月、鉄道、手芸作品など、いろいろな好きなもの、好きなことに囲まれた日々。

松山駅から宇和島へ

  1. 2009/04/30(木) 05:11:19_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:18
4月17日、JR松山駅から列車に乗って、宇和島へ行ったのですが、まず松山駅で…。

JR松山駅で貨物列車を見ようと思うと早朝か夜しか見ることができないので、あまり貨物列車が走っているところを見たことがありません。
ですので走っている電気機関車を見ることもほとんどありませんでした。
時々、列車に乗ってどこかへ行くときに、駅で所定の位置にいる電気機関車を見るといつも写真を撮っています。
この日、所定の位置にいた電気機関車は…
EF65-57
(クリックすると少し大きな写真になります)
EF65-57。
EF65、57という若い番号ですし、この色 (ぶどう色2号というそうですね) の機関車は初めて見ましたのでUPしました。
JR貨物岡山機関区の機関車だそうです。

キハ47
(クリックすると少し大きな写真になります)
これは四国で普通に走っている、四国カラーの気動車、キハ47。

私が乗るのは…
アンパンマン列車 (2000系特急) 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
このアンパンマン列車の 「特急宇和海」 (2000系)。

社内の自由席は普通の2000系特急と変わらないと思っていると…
アンパンマン列車 (2000系特急) 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
天井にアンパンマンがいました (笑)。

アンパンマン列車 (2000系特急) 3
(クリックすると少し大きな写真になります)
宇和島駅で先頭車両を撮影。

アンパンマン列車 (2000系特急) 4
(クリックすると少し大きな写真になります)
指定席にはシートにもアンパンマンがいます。

明日は宇和島の天赦園での藤の写真をUPします。

4月17日 JR松山駅、アンパンマン列車車内、JR宇和島駅 にて
スポンサーサイト

八釜の甌穴群 ― 春

  1. 2009/04/29(水) 05:57:23_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10
「八釜の甌穴群」 のあるところに、アケボノツツジとヒカゲツツジが咲いていると教えていただきましたので、小田深山からの帰りに寄ってみました。
「八釜の甌穴群」 には、去年の9月にも行っています。
そのときの写真は こちら (八釜の甌穴群) にあります。

駐車場から歩いて行く間に咲いている花は、普通によく見かける草花でした。
ムラサキケマン
ムラサキケマン (紫華鬘) ケシ科 キケマン属
分布 北海道・本州・四国・九州

カタバミ
(クリックすると少し大きな写真になります)
カタバミ (酢奬草・片喰 など漢字はいろいろあるようです) カタバミ科 カタバミ属
分布 北海道・本州・四国・九州

クサイチゴ
(クリックすると少し大きな写真になります)
クサイチゴ (草苺) バラ科 キイチゴ属
分布 本州・四国・九州
クサイチゴ という名前ですが、落葉低木です。
たくさん咲いていました。

ネコノメソウ (種)
ネコノメソウ は花が終わって、名前の由来になった猫の目のような種になっていました。
ネコノメソウ (猫の目草) ユキノシタ科 ネコノメソウ属
分布 北海道・本州・四国・九州

八釜の甌穴群へ向かう途中
景色や草花を見ながら 「八釜の甌穴群」 へ向かいます。

八釜の甌穴群 1
(クリックすると大きな写真になります)
八釜の甌穴群 2
八釜の甌穴群に到着。
フリント質角岩が長年侵食されて甌穴群です。

アケボノツツジ 1
(クリックすると大きな写真になります)
この崖のところに咲いているピンクの花が アケボノツツジ です。
アケボノツツジ 2
(クリックすると大きな写真になります)
アケボノツツジ (曙躑躅) ツツジ科 ツツジ属
分布 紀伊半島・四国 (九州にも分布としているものもあります)

ヒカゲツツジ 1
(クリックすると大きな写真になります)
ヒカゲツツジ も咲いていました。
ヒカゲツツジ 2
ヒカゲツツジ (日陰躑躅) ツツジ科 ツツジ属
分布 本州(関東地方以西)・四国・九州
ヒカゲツツジ 3

アケボノツツジヒカゲツツジ は毎年見たい花ですが、山へ行かないと見ることのできない花、今年もここで遠くに見るだけで終わりそうです。

4月16日 愛媛県上浮穴郡久万高原町柳井川 八釜の甌穴群とその周辺にて 

小田深山渓谷 ― 鳥

  1. 2009/04/28(火) 05:19:59_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
春の花がいっぱいの小田深山渓谷、
小田深山渓谷 2 
(クリックすると大きな写真になります)
水の流れもきれいでした。
小田深山渓谷 3
(クリックすると大きな写真になります)

小田深山渓谷 モミジ
(クリックすると大きな写真になります)
秋には紅葉が綺麗な場所です。

鳥たちの鳴き声はよく聞こえたのですが、なかなか見つけることができませんでした。
小田深山渓谷 シジュウカラ
(クリックすると大きな写真になります)
シジュウカラ がいましたが、逆光ですしあまり上手く撮れませんでした。
シジュウカラ スズメ目 シジュウカラ科

歩いていると綺麗なさえずり声が聞こえてきました。
小田深山渓谷 ミソサザイ 1
(クリックすると大きな写真になります)
思ったより近くで見つけたのは ミソサザイ です。
小田深山渓谷 ミソサザイ 2
(クリックすると大きな写真になります)
ミソサザイ スズメ目 ミソサザイ科
小田深山渓谷 ミソサザイ 3
(クリックすると大きな写真になります)
しばらくとても綺麗な声で鳴いてくれていました。

4月16日 愛媛県内子町中川小田深山 小田深山渓谷にて

小田深山渓谷 ― 春の花 2

  1. 2009/04/27(月) 05:58:08_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
小田深山渓谷で見た春の花の続きです。

小田深山 ハルトラノオ 1
ハルトラノオ (春虎の尾) タデ科 タデ属
分布 本州・四国・九州
小田深山 ハルトラノオ 2
(クリックすると大きな写真になります)
たくさん咲いている場所がありました。

小田深山 ヤマアイ
この花は名前を知りませんでしたので、調べると、ヤマアイ の花でした。
ヤマアイ (山藍) トウダイグサ科 ヤマアイ属
分布 本州・四国・九州
日本最古の染料植物だということですが、藍色に染まるインディカンが含まれていないので、藍色に染まるわけではないようです。

小田深山 サイゴクサバノオ
(クリックすると少し大きな写真になります)
ピンボケですが、これしか撮れませんでしたので…。
サイゴクサバノオ (西国鯖の尾) キンポウゲ科 シロカネソウ属
分布 本州(近畿以西)・四国

小田深山 ミツバテンナンショウ 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
ミツバテンナンショウ (三葉天南星) サトイモ科 テンナンショウ属
分布 本州(静岡県以西)・四国・九州
小田深山 ミツバテンナンショウ 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
2個出る葉のそれぞれが3小葉に分かれています。

小田深山 ヤマウツボ
これは何?…と思った植物です。
調べると、ヤマウツボ のようです。
ヤマウツボ (山靱) ゴマノハグサ科 ヤマウツボ属
分布 本州・四国・九州
ヤマウツボ は寄生植物で、自分では光合成せず、ブナ科やカバノキ科などの灌木の根に寄生するそうです。

小田深山 コチャルメルソウ 1
これがまた、わからない花でしたので、名前を調べました。
コチャルメルソウ (小哨吶草) ユキノシタ科 チャルメルソウ属
分布 本州・四国・九州
小田深山 コチャルメルソウ 2
ちょっと変わった花です。

小田深山 キケマン
(クリックすると少し大きな写真になります)
キケマン (黄華鬘) ケシ科 キケマン属
分布 本州(関東以西)・四国・九州

小田深山 イワボタン
(クリックすると少し大きな写真になります)
分布 本州(関東以西の太平洋側)・四国・九州
イワボタン (岩牡丹) ユキノシタ科 ネコノメソウ属
ネコノメソウの仲間です。

小田深山 ヨゴレネコノメ 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目) ユキノシタ科 ネコノメソウ属
分布 本州(関東以西の太平洋側)・四国・九州
ヨゴレネコノメ は、イワボタン の変種だそうです。 
ちょっとかわいそうな名前ですね。
小田深山 ヨゴレネコノメ 2
(クリックすると大きな写真になります)
群生していました。

小田深山渓谷の春の花たちはこれで終わりです。
明日は渓谷の様子と、ちょっとだけ撮ることができた鳥さんをUPします。

4月16日 愛媛県喜多郡内子町中川小田深山 小田深山渓谷にて

小田深山渓谷 ― 春の花 1

  1. 2009/04/26(日) 06:59:47_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
4月16日、内子町の小田深山渓谷に春の花が咲いているということで、出かけてみました。
この小田深山渓谷は紅葉で有名な場所ですので、秋に行ったことはあったのですが、春に行ったのは初めてです。
小田深山渓谷 1
まだ咲き残りの桜が、かろうじて咲いていました。

この小田深山渓谷では思ったよりたくさんの春の花を見ました。
天気もこの日の予報よりは良くて、山を歩くよりは高低差が少ない渓谷を歩くのは気持ちが良かったです。
自分の記録のためにもたくさんの花の写真を撮りました。
一度にはUPできませんので、わけてUPします。

まずスミレの仲間から…。
小田深山 タチツボスミレ
これは野山でよく見かける タチツボスミレ だと思います。
タチツボスミレ (立坪菫) スミレ科 スミレ属
分布 北海道・本州・四国・九州

小田深山 エイザンスミレ
(クリックすると少し大きな写真になります)
これは細く分裂した葉の形で、エイザンスミレ だと思います。
エイザンスミレ (叡山菫)  スミレ科 スミレ属
分布 本州・四国・九州

ヒトリシズカ がたくさん咲き始めていました。
小田深山 ヒトリシズカ 1
ヒトリシズカ (一人静) センリョウ科 チャラン属
分布 北海道・本州・四国・九州
小田深山 ヒトリシズカ 2
(クリックすると大きな写真になります)

ヤマルリソウ もたくさん咲いていました。
小田深山 ヤマルリソウ 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
ヤマルリソウ (山瑠璃草) ムラサキ科 ルリソウ属
分布 本州(福島県以南)・四国・九州
小田深山 ヤマルリソウ 2
小さい可愛い花です。

小田深山 マルバコンロンソウ
(クリックすると少し大きな写真になります)
マルバコンロンソウ (丸葉崑崙草) アブラナ科 タネツケバナ属
分布 本州・四国・九州

小田深山 イチリンソウ 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
イチリンソウ (一輪草) キンポウゲ科 イチリンソウ属
分布 本州・四国・九州
小田深山 イチリンソウ 2
花弁に見える萼片の裏が紅色を帯びることがあるので、「ウラベニイチゲ (裏紅一華)」 という別名があるそうです。

小田深山 ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク (山延胡索) ケシ科 キケマン属
分布 本州・四国・九州

小田深山 コミヤマカタバミ 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
コミヤマカタバミ (小深山方喰) カタバミ科 カタバミ属
分布 北海道・本州・四国・九州
小田深山 コミヤマカタバミ 2
(クリックすると少し大きな写真になります)

小田深山渓谷の春の花、明日に続きます。

4月16日 愛媛県喜多郡内子町中川小田深山 小田深山渓谷にて

牡丹 ― 法安寺

  1. 2009/04/25(土) 04:30:57_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
4月13日、友人が西条市小松町の法安寺へ牡丹を見に連れて行ってくれました。
この法安寺は 『千本牡丹』 として知られているところです。

法安寺 牡丹 1
この法安寺に咲く牡丹の品種は、「京美人」 といわれる牡丹の原種だということです。

法安寺 牡丹 2
(クリックすると少し大きな写真になります)

法安寺 牡丹 3
芝桜も咲いています。

法安寺 牡丹 4
(クリックすると大きな写真になります)

法安寺 牡丹 5
(クリックすると少し大きな写真になります)

法安寺 牡丹 6
(クリックすると少し大きな写真になります)

法安寺 牡丹 7
法安寺の起源は飛鳥時代にさかのぼり、全国46ヶ寺のひとつとして建立されたということです。
現在は当時の姿を見ることはできませんが、「国指定史跡 法安寺跡」 に指定されています。

法安寺 牡丹 8
(クリックすると大きな写真になります)
いろいろな花と共に牡丹も咲いています。

法安寺 牡丹 9

4月13日 西条市小松町北川 法安寺にて

重信川河口の鳥たち (4月13日)

  1. 2009/04/24(金) 05:26:22_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
4月13日の朝、少し時間がありましたので、また重信川河口で鳥たちを眺めていました。
重信川河口には、2月 (重信川河口と塩屋海岸) と、3月 (重信川 ― 河口と中流の鳥たち) にも行っています。
鳥たちの名前にはまだ詳しくありませんので、間違っていたら教えてください。

この朝、ここで見た鳥たちは…
重信川河口 4月 1
(クリックすると大きな写真になります)
小さい鳥たちは、2月にもいた ハマシギ だと思います。
夏羽になって、お腹が黒くなっています。
ハマシギ チドリ目 シギ科  冬鳥

大きい鳥たちは明るい茶色とベージュの2種類いますが、どちらも オオソリハシシギ で、明るい茶色は、♂の夏羽なのではないかと思います。
重信川河口 4月 2
(クリックすると大きな写真になります)
重信川河口 4月 3
(クリックすると大きな写真になります)

重信川河口 4月 4
(クリックすると大きな写真になります)
ベージュの鳥たちは♀でしょうか。
重信川河口 4月 5
(クリックすると大きな写真になります)
重信川河口 4月 6
(クリックすると大きな写真になります)
オオソリハシシギ チドリ目 シギ科  旅鳥

重信川河口 4月 7
(クリックすると大きな写真になります)
アオサギヒドリガモ が岸辺で並んでいました。
アオサギ コウノトリ目 サギ科  留鳥
ヒドリガモ ガンカモ目 ガンカモ科  冬鳥

重信川河口 4月 8
(クリックすると大きな写真になります)
岸の木で鳴いていたのは、ホオジロ です。
ホオジロ スズメ目 ホオジロ科  留鳥

4月13日 伊予郡松前町 重信川河口にて

フェルト手芸 ― 洋食ランチ & ランチBOX 3

  1. 2009/04/23(木) 05:22:56_
  2. 手芸
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
さて、洋食ランチができあがると、そのランチを入れる ランチBOX を作りました。
ランチBOX も型紙・作り方は、チョキチクフェルトさんのものです。
ランチBOX 本体に使ったフェルトは、ちょっと厚み (3mm) のあるフェルトです。

ランチBOX は3種類にそれぞれ三つずつデザインがあって、全部で9個、私は 「イチゴ」 を二つ作りましたので10個作ったことになります。

まず、【果物】
ランチBOX 果物
(クリックすると大きな写真になります)
トマト・イチゴ・リンゴ です。

次は 【アニマル】
ランチBOX アニマル
(クリックすると大きな写真になります)
いぬ・くま・ねこ です。
輪郭と目鼻は同じ型紙です。

そして 【乗り物】
ランチBOX 乗り物
(クリックすると大きな写真になります)
くるま・でんしゃ・ひこーき です。

ランチBOX に 洋食ランチ を詰めてみます。
洋食ランチ & ランチBOX 1
(クリックすると少し大きな写真になります)

洋食ランチ & ランチBOX 【イチゴ】
(クリックすると大きな写真になります)

洋食ランチ & ランチBOX 8セット
(クリックすると大きな写真になります)
洋食ランチ は8セット作りましたので、8セット分を ランチBOX に入れてみました。

洋食ランチ & ランチBOX 9セット
(クリックすると大きな写真になります)
蓋を乗せて、中身のない 【ひこーき】 の ランチBOX も加えて、9セットです!

ランチBOX 制作期間 4月4日~4月11日

フェルト手芸 ― 洋食ランチ & ランチBOX 2

  1. 2009/04/22(水) 05:02:58_
  2. 手芸
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
洋食ランチ & ランチBOX の続き、今日は 洋食ランチ (後半) です。

フェルト・ポテト
まず、ポテトです。 皮付きですね。

フェルト・スパゲティー
スパゲティーには、グリーンピースとベーコンが付いています。

フェルト・アスパラベーコン
アスパラベーコン。
ベーコンには脂の部分、おこげの部分もあります。
このアスパラベーコンに一番時間がかかりました。
まず、アスパラから作ります。
フェルト・アスパラガス 1
アスパラガスを作るのも細かい作業です。
一つのアスパラベーコンに3本のアスパラが必要で、アスパラガスだけのものも作ったことで、8セット分、40本のアスパラを作りました。
フェルト・アスパラガス 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
アスパラがいっぱい!

フェルト・ゆでたまご
ゆでたまご。

フェルト・きゅうり
きゅうり。

フェルト・レタス
レタス。

フェルト・トマト
トマト。

野菜をたくさん作ると、
フェルト・サラダ
(クリックすると少し大きな写真になります)
お皿に盛って、サラダ…などと遊べます。

フェルト・洋食ランチ(全種類)
(クリックすると大きな写真になります)
これで洋食ランチの全種類です。

明日は可愛いランチBOX をUPします。

制作期間 1月10日~4月4日

フェルト手芸 ― 洋食ランチ&ランチBOX 1

  1. 2009/04/21(火) 05:23:27_
  2. 手芸
  3. _ tb:0
  4. _ comment:20
久しぶりのフェルト手芸です。
今回は、洋食ランチとランチBOX を3回にわけてUPします。
最初は2月くらいに出来上がる予定でしたが、洋食ランチ は8セット作っていますので、細かい上に数が多く、また出かけることも多くなって、4月までかかってしまいました。

今日は、洋食ランチ (前半) です。
この洋食ランチも、型紙・作り方は、チョキチクフェルトさんの 【おかず亭 《洋食》】 で作らせていただいています。
いつものように (いつも以上に) リアルで細かい型紙です。

フェルト・洋食ランチ
(クリックすると大きな写真になります)
全種類、並べてみました。
作ったのは8セットですので、もっとたくさんです。
ちょっと急いでいたこともあって、お皿に全部を並べるのが面倒で、これくらいにしました (笑)。

一つずつUPしてみましょう。
フェルト・たまごサンド
たまごサンド。
中身は出して遊べます。
フェルト・たまごサンドの具
たまごサンドの具。 たまご・トマト・きゅうり。

フェルト・カツサンド
トンカツを入れると カツサンドになります。
フェルト・トンカツ
これがトンカツです。
衣がリアルでしょう?

フェルト・エビフライ
エビフライ。
衣はトンカツの衣と同じ作り方です。

フェルト・ハンバーグ
ハンバーグ。

フェルト・ステーキ
これは、ステーキ!

フェルト・ウィンナー
ウィンナー。

フェルト・ミートボール
ミートボールも可愛いです。

ステーキやエビフライをサンドイッチに入れて遊ぶこともできます。
ランチBOX に入れて、お弁当として遊んだり、お皿に乗せてランチごっこをしたり…。

明日に続きます。

制作期間 1月10日~4月4日

桜めぐり 番外 ― 散り桜流れる川

  1. 2009/04/20(月) 04:16:59_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
8日、松山市内を車で走っていると、散った桜が流れる川を見ました。
桜めぐりの最後に、散り桜をUPします。

散り桜流れる川 1

散り桜流れる川 2
川は桜の花びらでいっぱいです。

散り桜流れる川 3
(クリックすると大きな写真になります)
この川は思ったよりきれいで、魚も泳いでいました。

18日には八重桜を見てきましたが、それはもう少し先にUPすることにして、ひとまず 「桜めぐり」 を終えることにします。
見ていただいて、ありがとうございました。

フェルト手芸ファンの皆さま (いるのかな?)、お待たせしました。
明日からはフェルト手芸の新作をUPします。

4月8日 松山市内 (御幸地区) 大川にて

桜めぐり 15 ― 西法寺の 「薄墨桜」

  1. 2009/04/19(日) 04:17:44_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
昨日は八重桜を見てきたのですが、それはまたもう少し後にUPすることにして、桜めぐりもこれでひとまず終わりです (明日も桜関係の写真をUP予定ですが…)。

「薄墨桜」 の咲く西法寺には、4月2日と8日の二度、訪れています。
2日にはまだ3分咲きくらいでしたので、満開になった8日の写真を主にUPします。

西法寺 薄墨桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
西法寺 薄墨桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
「薄墨桜」 は、ヤマザクラ系の変異種で八重に変異したものです。
ここだけにある固有種として、イヨウスズミ (伊予薄墨) の品種名が付けられています。
伝説としては…
天武天皇の御世 (673~686年)、皇后が湯治のため道後温泉に来駕された。
その折、西法寺で祈祷を行ったところ皇后の病気が治癒したので、喜んだ天皇は薄墨色の綸旨 (天皇の文書) と1本の桜の苗を西法寺にお送りになった。
…それが名前の由来だといわれています。
現在の 「薄墨桜」 は三代目だということで、まだ若木です。

西法寺 薄墨桜 3
(クリックすると少し大きな写真になります)
花は八重で16弁が多いのですが、17~19弁のものもあるそうです。
花径は3cm前後で、端正な形をしています。
色は上品な淡紅色で、花びらの周辺部は僅かに紅が濃いということです。
西法寺 薄墨桜 4

西法寺 薄墨桜・大島桜
(クリックすると大きな写真になります)
境内には大島桜もあり、左が薄墨桜、右の大きな木が大島桜です。

また、薄墨桜とソメイヨシノの自然交配による実生で育った桜もあり、西法寺桜と命名されています。
西法寺 西法寺桜
(クリックすると少し大きな写真になります)
この西法寺桜は、薄墨桜より開花が早く、2日に見頃で、8日にはほぼ散っていました。
この写真のみ、2日に撮ったものです。
薄墨桜より少し薄い色です。

4月2日・8日 松山市下伊台 西法寺にて

帰りの夕景 (4月7日)

  1. 2009/04/18(土) 06:07:25_
  2. 夕景・夜景・朝景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
4月7日、岩城島と伯方島・開山公園の桜を見た帰り、時々夕景を撮っていた松山市 (旧北条市) の通称・モンチッチ海岸 (立岩川北浜) で夕日を見ました。

モンチッチ海岸 春の夕景 1
(クリックすると大きな写真になります)

モンチッチ海岸 春の夕景 2
(クリックすると大きな写真になります)

モンチッチ海岸 夕日と桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
手前に咲いているのは桜 (大島桜だったと思います) です。
桜にピントを合わすと、
モンチッチ海岸 夕日と桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
こんな感じです。

月も出ていました。
月と桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
月も桜と…
月と桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
一緒に撮って、ちょっと遊んでみました。

4月7日 松山市下難波 通称・モンチッチ海岸 (立岩川北浜) にて

桜めぐり 14 ― 開山公園 (伯方島)

  1. 2009/04/17(金) 06:03:10_
  2. 愛媛の風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
桜めぐりも終わりが近くなりました。
生口島から多々羅大橋を通って大三島へ、さらに大三島から大三島橋を通って伯方島へと戻ってきました。
伯方島で高速をおりて、桜の名所・開山 (ひらきやま) 公園へ。

開山公園にて 1
約1000本の桜が、この4月7日は満開でした。

開山公園から 2
(クリックすると大きな写真になります)
展望台からは海と島や橋が見え、桜が彩りを添えています。
これは、多々羅大橋、先ほど渡った 生口島と大三島の間の橋です。

開山公園から 3
(クリックすると大きな写真になります)
遠くに、伯方・大島大橋が見えます。
伯方島と大島の間の橋です。
開山公園から 4
(クリックすると大きな写真になります)
ズームアップ。

開山公園から 5
(クリックすると大きな写真になります)
こちらは大三島橋、この橋もここへ来る時に渡った 大三島と伯方島の間の橋です。

開山公園から 6
向こうに見える島は、この日、最初に行った 岩城島です。

開山公園 桜
(クリックすると大きな写真になります)
華やかな桜です。

開山公園 スミレの仲間
スミレも可愛く咲いています。

開山公園 桜とコバノミツバツツジ
(クリックすると大きな写真になります)
コバノミツバツツジが桜と競演していました。

開山公園から 7
(クリックすると大きな写真になります)
菜の花が咲く場所もあり、桜との景色を十分楽しみ、伯方島を後にしました。

4月7日 今治伯方町伊方 開山公園にて

ちょっと寄り道 ― 高根島

  1. 2009/04/16(木) 04:32:28_
  2. 中国地方
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
4月7日、岩城島からフェリーで生口島に戻り、伯方島へ行こうとしていたのですが、生口島の北にある高根島 (こうねじま) という島に寄り道しました。
持っていた (ちょっと古い) 四国道路地図を見ると、この高根島に 「素掘りのトンネルあり」 と出ていたので、素掘りのトンネルがどんなものか興味を持ったからです。

高根大橋
(クリックすると少し大きな写真になります)
生口島からこの高根大橋を渡って、高根島へ行きます。

内の浦トンネル 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
それらしいトンネルにやってきましたが、普通の小さいトンネルに見えます。

内の浦トンネル 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
でも少し中に入ると、素掘りのトンネル…という雰囲気でした。

トンネルを出て、島を一周します。
ホオジロ
(クリックすると大きな写真になります)
ホオジロ が鳴いていたり、
ホオジロ スズメ目 ホオジロ科)

イソヒヨドリ 1
(クリックすると大きな写真になります)
イソヒヨドリ がいたりしました。
イソヒヨドリ スズメ目 ヒタキ科 ツグミ亜科
逆光でしたし、あまりうまく撮れていませんが、初めて撮った鳥でしたので、もう1枚…。
イソヒヨドリ 2
(クリックすると大きな写真になります)

ハマダイコン
(クリックすると少し大きな写真になります)
咲いていたのは ハマダイコン でしょうか。
ハマダイコン (浜大根) アブラナ科 ダイコン属

高根大橋の近くまで戻ってくると、対岸の生口島に三重塔が見えます。
向上寺 三重塔 1
(クリックすると大きな写真になります)
向上寺の三重塔で、国宝だということです。
室町時代の永享4年 (1432年) に当時の生口島の領主、小早川信元・信昌によって建立されたという三重塔。
室町時代の禅宗建築の粋を集めた、唐様式と和様式の折衷で建てられ、この時代のものの中では最も美しいものの一つに数えられるということです。
向上寺 三重塔 2
(クリックすると大きな写真になります)
生口島に戻ったときに近くで見ようと思ったのですが、道が工事中で車で行けなかったので、今回はこの対岸で見ただけです。

生口島に戻って、これから渡る 多々羅大橋を撮影して、伯方島へ向かいます。
多々羅大橋
(クリックすると大きな写真になります)
多々羅大橋は、生口島と大三島を結ぶ しまなみ海道の橋です。

次回は伯方島・開山公園の桜と海の風景です。

4月7日 広島県尾道市瀬戸田町 高根島・生口島にて 

桜めぐり 13 ― 岩城島 (積善山)

  1. 2009/04/15(水) 05:53:27_
  2. 愛媛の風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10
今年は、『海と桜』 を見たいと思って、4月7日、瀬戸内の島へ出かけました。
行ったのは、愛媛県越智郡上島町 (かみじまちょう) の岩城島 (いわぎじま) ・積善山 (せきぜんさん) と、今治市の伯方島 (はかたじま) の開山 (ひらきやま) 公園です。
岩城島と伯方島・開山公園の途中で、ちょっと寄り道もしています。
今日は、岩城島・積善山の桜をUPします。

岩城島へは、今治から しまなみ海道に入り、広島県の今は尾道市になってしまった生口島の生口島南ICで高速を降りて、洲江港からフェリーに乗ると、5分ほどで岩城島の小漕 (おこぎ) 港へ着きます。
そこから、島の真ん中にある標高370m の積善山へ。
岩城島・積善山から 1
(クリックすると大きな写真になります)
桜は満開で、お天気も良かったのですが、あまり視界がよくありませんでした。

岩城島・積善山から 2
(クリックすると大きな写真になります)
積善山の山頂の展望台からは、360度のパノラマが楽しめます。
3000本の桜が咲くと、桜風景のパノラマです。

岩城島・積善山から 3
(クリックすると大きな写真になります)
霞んで しまなみ海道の生口橋が見えます。
岩城島・積善山から 4
(クリックすると大きな写真になります)
生口橋は、生口島と因島の間に架かる橋です。

岩城島・積善山から 5
こちらから見えるのは多々羅大橋。
大三島と生口島の間の橋です。

岩城島・積善山から 6
(クリックすると大きな写真になります)
桜咲く道を背景に、コバノミツバツツジも咲いています。

4月7日 愛媛県越智郡上島町 岩城島・積善山にて

アワコバイモ

  1. 2009/04/14(火) 06:10:08_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:18
4月3日、皿ヶ嶺の登山口である水の元の近くに、アワコバイモ が咲いているということを教えていただきましたので、アワコバイモ を見るために水の元へ行きました。

アワコバイモ 1
(クリックすると少し大きな写真になります)
アワコバイモ (阿波小貝母) ユリ科 バイモ属
四国の山地や林縁に生える小さな多年草。 草丈は約15cm。
3~4月頃、茎の先に1個の花を下向きにつける。 
花の形は釣鐘形で、花被片は6枚で、紫褐色の網目模様が濃い。

アワコバイモ 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
ここに咲いていると思って探したので見つけることができましたが、知らなければ見過ごしてしまうような地味な色の花です。

アワコバイモ 3
蕾も可愛いです。

アワコバイモ 4
(クリックすると少し大きな写真になります)
アワコバイモ、初めて見ることができました。

トサミズキ 1
(クリックすると大きな写真になります)
水の元の駐車場には黄色い花が咲いていました。
トサミズキ でしょうか?
トサミズキ 2
トサミズキ (土佐水木) マンサク科 トサミズキ属

4月3日 東温市上林水の元 にて

桜めぐり 12 ― 松山城

  1. 2009/04/13(月) 04:43:25_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:18
桜にはお城が似合うだろうということで、2日には松山城へも出かけました。
ここしばらく桜の季節に松山城へ訪れていなかったので、お城と満開の桜とお花見客での賑わいを楽しみました。

松山城 太鼓門と桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
太鼓門の桜も満開です。
松山城 太鼓門と桜 2
(クリックすると少し大きな写真になります)

松山城 天守閣と桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
やはり天守閣と桜は松山城の写真に欠かせません。

松山城 天守閣と桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
天守閣を東側から撮影。

松山城 天守閣と桜 3
(クリックすると大きな写真になります)
北側の桜もきれいに咲いています。

松山城 狭間からの景色
私の好きな狭間からの景色も春です。

松山城 八重桜
(クリックすると少し大きな写真になります)
八重桜も可愛く咲いていました。

松山城 梅の実
(クリックすると少し大きな写真になります)
梅が実をつけていました。 可愛い実です。

松山城 天守閣と石垣と桜
帰りにいつも撮る天守閣と太鼓櫓の石垣に、桜も一緒に撮影。

4月2日 松山市丸之内 松山城にて


さて、松山市内でもう一ケ所、私が好きな桜咲く場所があります。
好きなというより、幼い頃から馴染んでいる場所という感じでしょうか。
松山地方気象台の桜
(クリックすると大きな写真になります)
それが、松山地方気象台の桜です。
この松山地方気象台の庁舎は、1928 (昭和3) 年に建てられ、現在も使用しているものです。

4月2日 松山市北持田町 松山地方気象台にて

エヒメアヤメ ― 腰折山

  1. 2009/04/12(日) 05:38:16_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
桜めぐりの続く 4月2日、松山市下難波 (旧北条市) にある 腰折山 (こしおれやま) へ、エヒメアヤメ を見に行きました。

エヒメアヤメ 1
(クリックすると大きな写真になります)
エヒメアヤメ (愛媛菖蒲) アヤメ科 アヤメ属

腰折山の エヒメアヤメ について…
    小包にこかきつばたのしほれたる   正岡子規
    山路来てゆかしとみしはかきつばた 内藤鳴雪
 こかきつばた の名でこのように歌われた腰折山の可憐な花は、こかきつばた とは別種の 牧野富太郎によって命名された エヒメアヤメである。
 エヒメアヤメはアヤメ科の植物であって、根茎はやや偏平で細くやせ形、葉は線形で薄く、葉長は 10cm~15cm が普通である。
 陽春四月上旬を開花期とし、 数cm の高さの花軸に普通1花を、時に2~3花を咲かせる。 花色は薄い紫色で外花蓋 (がいかがい) には黄白色のはん点を持っている。
 元来大陸北部に分布する植物で、我が国では中国、九州、四国の瀬戸内海に沿う各地に生育し、古書に 「たれゆえそう」 と名づけられたと記録されている。 腰折山はその南限地として世に知られ、古くからこの花にまつわる哀れな民話とともに、 「こかきつばた」 の名で親しまれてきた。
 昭和43 (1968) 年、宮崎県えびの高原霧島盆地の自生が最南限にあたるものとして追加指定をうけ、エヒメアヤメ自生南限地帯は2県以上にわたるものとされている。
                             …松山市のホームページより

とにかく、小さくて可憐なアヤメです。
エヒメアヤメ 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
小ささがわかるように、私の左手を置いてみました。
私の手はどちらかというと小さい手です。

エヒメアヤメ 3

エヒメアヤメ 4


スミレの仲間もいろいろ咲いています。
スミレの仲間 1
(クリックすると少し大きな写真になります)

スミレの仲間 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
スミレの種類はわかりにくいです。

ヒメハギ
(クリックすると大きな写真になります)
ヒメハギ も咲いています。
ヒメハギ (姫萩) ヒメハギ科 ヒメハギ属

コバノミツバツツジ
(クリックすると少し大きな写真になります)
コバノミツバツツジ も咲き始めていました。
コバノミツバツツジ (小葉の三葉躑躅) ツツジ科 ツツジ属


腰折山からの眺望 1
(クリックすると大きな写真になります)
この腰折山中腹からは、旧北条市街や鹿島がよく見えます。

腰折山からの眺望 2
(クリックすると大きな写真になります)
8000系特急が走っているところは撮りそこねましたが、列車が走っているのもよく見えます。

4月2日 松山市下難波 腰折山にて

桜めぐり 11 ― 道後公園

  1. 2009/04/11(土) 05:14:27_
  2. 鉄道
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
今回は名桜ではなく、3月31日に道後公園のそばを通る用事があったので、道後公園で撮影。

道後公園の桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
この道後公園にある標本木で3月17日開花宣言をしたソメイヨシノですが、満開はこの写真を撮った次の日、4月1日でした。

道後公園の桜 2

ツグミ
(クリックすると少し大きな写真になります)
桜の木にヒヨドリやメジロでなくて、ツグミがちょこんと止まっていたので撮影。

でも、この日撮影したかったのは…
桜と市内電車 1
(クリックすると大きな写真になります)
桜と市内電車 (路面電車) です。
これは低床電車。
桜と市内電車 2
(クリックすると大きな写真になります)

桜と坊っちゃん列車 1
(クリックすると大きな写真になります)
そして、桜と坊っちゃん列車。
桜と坊っちゃん列車 2
(クリックすると大きな写真になります)

桜と坊っちゃん列車 3
(クリックすると大きな写真になります)

3月31日 松山市道後公園 道後公園にて

桜めぐり 10 ― 源太桜

  1. 2009/04/10(金) 04:54:00_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6
毎年、見に行く桜の一つに源太桜があります。
今年も3月30日に会いに行きました。
いつもは東温市側の旧金毘羅街道を歩いていたのですが、今年は西条市側からの道を教えていただいたので、歩く距離が少なく行くことができました。

中山川逆調整池堰堤
(クリックすると大きな写真になります)
「中山川逆調整池堰堤」 というところから源太桜に向かいます。
真ん中で小さく白いところが源太桜です。

源太桜 1
源太桜は2本の桜の古木、種類はエドヒガンです。
手前が源太桜2、向こうが源太桜1 。

推定樹齢320年、大きい方で樹高は約23m ということです。
この桜は藩政時代の貞享年間に、松山藩の代官・矢野五郎衛門源太が、路肩の倒壊防止の目的で、旧金毘羅街道の中山越に植えた桜の生き残りといわれています。
源太は、中山越の三里 (約12km) に 8240本の桜を植えさせたそうで、今でも名前が残る 「桜三里」 の由来になっています。
この難工事に源太は藩の囚人を使い、囚人たちは苦役を恨み 「桜三里は源太が仕置き 花は咲くとも実はなるな」 とうたったということです。
桜はいつか 「源太桜」 と呼ばれるようになり、今はこの2本の桜が残っている…ということです。

源太桜 2
樹高が高く、下から見ることしかできませんので、写真は撮りにくいです。

源太桜 3
(クリックすると大きな写真になります)
源太桜1 です。

源太桜 4
(クリックすると大きな写真になります)

源太桜 5
(クリックすると少し大きな写真になります)
落ちている花を見ると、やはり小さくて可愛い花です。

国道11号線から見る 源太桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
国道11号線から見ると、源太桜が鮮やかに見えます。
国道11号線から見る 源太桜 2
(クリックすると大きな写真になります)

3月30日 東温市河之内田桑 にて

桜めぐり 9 ― 久万高原町

  1. 2009/04/09(木) 04:53:45_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
3月28日、高知県仁淀川町からの帰り、愛媛県久万高原町のしだれ桜も見てきました。

まず、久万高原町中津にある 西村大師堂のしだれ桜です。
この日は見頃には少し早く、2、3分咲きくらいでした。
西村大師堂 しだれ桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
推定樹齢220年、樹高9m のしだれ桜。

西村大師堂 しだれ桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
地上2mで三分岐しています。

西村大師堂 しだれ桜 3
(クリックすると大きな写真になります)
樹勢はやや衰えていますが、毎年花をつけてくれています。

3月28日 愛媛県上浮穴郡久万高原町中津 西村大師堂 にて


次に同じ久万高原町の露峰にある 法蓮寺のしだれ桜です。
こちらのしだれ桜は、この日、見頃でした。
法蓮寺 しだれ桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
樹齢約120年、樹高8mのしだれ桜。

法蓮寺 しだれ桜 2

法蓮寺 しだれ桜 3
(クリックすると大きな写真になります)

法蓮寺 しだれ桜 4

法蓮寺 しだれ桜 5
(クリックすると大きな写真になります)
山門の外には黄色いレンギョウも咲いていました。

3月28日 愛媛県上浮穴郡久万高原町露峰 法蓮寺 にて

桜ばかりで申し訳ありませんが、もう少し 桜めぐり が続きます。

桜めぐり 8 ― 中越家のしだれ桜

  1. 2009/04/08(水) 04:26:51_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
高知県の仁淀川町には 「ひょうたん桜」 の他にも有名な桜がいくつかあります。
その中の一つで別枝にある 「中越家のしだれ桜」 へ向かいます。

大渡ダム・茶霧湖 の桜
(クリックすると大きな写真になります)
途中、大渡ダムのダム湖・茶霧湖 (さぎりこ) の桜も満開で、きれいでした。

そして、「中越家のしだれ桜」 へ。
中越家のしだれ桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
樹齢約200年、枝張り直径14m、胸高直径60cm のしだれ桜です。

中越家のしだれ桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
…土佐の国、別枝村 (現在・仁淀川町別枝) 庄屋・中越家は佐川領主・深尾公の休憩の地とされ、その場所に現当主の祖父・中越信記氏が植栽したものと伝えられている。
現在は、土佐三大祭りの一つ・秋葉祭りの練りもこの庭で行われ、由緒ある庄屋跡地のしだれ桜として知られている。
開花時には町内外から観光客やカメラマンがあとを絶たない有様である。… (仁淀川町HPより)

中越家のしだれ桜 3
(クリックすると大きな写真になります)

中越家のしだれ桜 4
(クリックすると大きな写真になります)

中越家のしだれ桜 5

中越家のしだれ桜 6

中越家のしだれ桜 7
去年、訪れた時は、まだ蕾の状態でしたので、満開で美しく咲く古木のしだれ桜を見ることができて幸せでした。


駐車場から歩いて上っていると、可愛いピンクの八重の桜を見つけたので、それも撮影。
八重の桜
(クリックすると少し大きな写真になります)

3月28日 高知県吾川郡仁淀川町別枝本村 にて

桜めぐり 7 ― ひょうたん桜

  1. 2009/04/07(火) 03:54:05_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
3月28日、高知県仁淀川町と愛媛県久万高原町の名桜を見に行きました。
まずは、仁淀川町の 「ひょうたん桜」 です。
曇り空が残念でしたが…。

ひょうたん桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
樹齢約500年、樹高30m、根元廻り8m の風格ある古木です。
この 「ひょうたん桜」 のある地区は、元々 「大藪」 という地名だったそうですが、この桜にちなんで昭和33年に 「桜」 と改称されたということです。

ひょうたん桜 2

ひょうたん桜 3
(クリックすると大きな写真になります)
種類はエドヒガン (ウバヒガン)、この日は満開でしたので、蕾は少なかったのですが、蕾の形が ひょうたん に似ていることから、「ひょうたん桜」 と呼ばれるようになったということです。

ひょうたん桜 4

ひょうたん桜 5
(クリックすると大きな写真になります)

ひょうたん桜 6
どこから見ても風格がある美しい桜です。

ひょうたん桜 7
(クリックすると大きな写真になります)
古木ですが、たくさんの花が咲いています。

ひょうたん桜 8
(クリックすると大きな写真になります)
ここは 「ひょうたん桜公園」 になっていて、あたりは桜の木がたくさんあります。

ひょうたん桜公園
横には茶畑もありますし、もう少しすると、芝桜も咲いて綺麗です。

源平桃
紅白の桃・源平桃も見つけたので、撮影。

帰り道、国道439号線まで降りてくると、
国道439号線から見る ひょうたん桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
真正面の上のほうに 「ひょうたん桜」 が見えました。
国道439号線から見る ひょうたん桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
ズームアップします。
国道439号線から見る ひょうたん桜 3
(クリックすると大きな写真になります)
もっとズームアップするとよく見えます。
この 「ひょうたん桜」 は、500年も昔から、こうして世の流れを見てきたのでしょうか。

3月28日 高知県吾川郡仁淀川町桜 ひょうたん桜公園 にて

桜めぐり 6 ― 実報寺の 「一樹桜」

  1. 2009/04/06(月) 03:58:10_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
3月23日、今治市朝倉で2ヶ所の桜を見た後、伊予桜井駅へ戻り、JR予讃線でお隣の駅・伊予三芳駅へ。
伊予三芳駅から西条市実報寺にある実報寺へ向かいます。
地図ではまっすぐに約2km、楽に行けると思ったのですが、最初から道を間違えていました。
だいぶ歩いてから道を間違えていたことに気付き、正しい道に出ようと歩いて、やっとのことでたどり着きました。
この日、「一樹桜 (ひときざくら)」 はまだ見頃には少し早かったのですが、とにかくたどり着けて良かったという思いでした。

実報寺 一樹桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
「一樹桜」 はエドヒガンとしては大型で白に近い淡紅色をしています。
寛政7年 (1795年)、小林一茶がここを訪れ、
  遠山と見しは是也花一木
という句を作ったことが、「寛政紀行」 という一茶の旅日記に記されているということです。

実報寺 一樹桜 2
(クリックすると大きな写真になります)
境内には2本の古木があります。

実報寺 一樹桜 3

実報寺 一樹桜 4
(クリックすると少し大きな写真になります)

実報寺 一樹桜 5
(クリックすると大きな写真になります)

3月23日 西条市実報寺 実報寺にて

桜の写真が続いていますが、もう少しお付き合いください。

桜めぐり 5 ― 満願寺の 「しぐれ桜」

  1. 2009/04/05(日) 04:44:48_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
3月23日、無量寺のしだれ桜を見た後、同じ朝倉にある満願寺へ。
この満願寺に 「しぐれ桜」 と呼ばれる桜があります。

満願寺 しぐれ桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
「しぐれ桜」 は、この日、まだこんな感じで、4分咲きくらいでしょうか。

満願寺 しぐれ桜 2
(クリックすると少し大きな写真になります)
この白い桜の木のところに説明板があったので、てっきりこれが 「しぐれ桜」 だと思っていたのですが、後で説明板を見ると、実は石垣の上に咲く桜が 「しぐれ桜」 の親木で、こちらは子木だということです。

満願寺 しぐれ桜 3
(クリックすると大きな写真になります)
上に咲く桜の全景を撮らなかったのですが、右側に咲いている薄いピンクの桜が親木の 「しぐれ桜」 です。

「しぐれ桜」 はエドヒガンとヤマザクラが交配したもの。
親木は樹齢200年で淡紅色の花をつけ、子木は樹齢100年で純白の花をつけます。
今年、この 「しぐれ桜」 の接木苗が広島県の宮島に 『お嫁入り』 しました。
かつて宮島にあった 「時雨桜」 は今はなく、その後継としての 『お嫁入り』 だそうです。

満願寺 しぐれ桜 4
(クリックすると大きな写真になります)
右が淡紅色の親木、左が白い子木の 「しぐれ桜」 です。

満願寺 しぐれ桜 5
(クリックすると大きな写真になります)
来年は親木と子木の 「しぐれ桜」 が満開のところを撮りたいです。

満願寺 シジュウカラ
(クリックすると大きな写真になります)
この満願寺で出会ったのは、シジュウカラ、囀っています。
シジュウカラ スズメ目 シジュウカラ科


道端でも春の花が咲いています。
シロバナタンポポ
(クリックすると少し大きな写真になります)
シロバナタンポポオオイヌノフグリも咲いていますね。

ツクシ
(クリックすると大きな写真になります)
ツクシ のそばには キュウリグサ も咲いているようです。

3月23日 今治市朝倉 満願寺  野草も 朝倉で撮影

桜めぐり 4 ― 無量寺のしだれ桜

  1. 2009/04/04(土) 03:53:50_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10
3月23日、JR菊間駅から列車に乗り、伊予桜井駅で下車。
伊予桜井駅から、今治市朝倉にある無量寺まで歩きました。
片道 4km強はあったでしょうか。
アスファルトの道を歩くのは疲れますが、1時間10分くらいで無量寺に到着。
美しいしだれ桜が満開でした。

無量寺 しだれ桜 1
(クリックすると大きな写真になります)
このしだれ桜は百年ほど前に、京都伏見の醍醐寺から移植された樹だということです。
幹周り 1.72m、樹高 10.5m、南北の枝張り 15m の美しい桜です。

無量寺 しだれ桜 2

無量寺 しだれ桜 3

無量寺 しだれ桜 4

無量寺 しだれ桜 5

無量寺 しだれ桜 6
(クリックすると大きな写真になります)

本堂で休ませていただき、33年に一度の御開帳というご本尊の阿弥陀如来を見せていただきました。
そしてまた歩きます。

3月23日 今治市朝倉 無量寺にて

ツバメ

  1. 2009/04/03(金) 04:24:21_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:16
掌禅寺で金龍桜を見た後、JRと徒歩で桜めぐりをすることになりました。
掌禅寺の最寄り駅・菊間駅に送ってもらうと、ホームの軒下に ツバメ の巣がありました。
もう ツバメ がやってくる季節なんだなぁ…と見ていると、ツバメ は巣作りをしているようでした。
(写真はそれぞれ、クリックすると少し大きな写真になります)

ツバメ 1
巣作りの材料を取ってきているようです。

ツバメ 2
2羽がいったりきたりしています。

ツバメ 3

ツバメ 4
ツバメ スズメ目 ツバメ科

去年は、ツバメのヒナたちの写真を撮りました。 (ツバメのヒナたち
今年もヒナたちが可愛い姿を見せてくれるでしょうか。

3月23日 JR四国・予讃線 菊間駅 (今治市菊間町浜) にて

桜めぐり 3 ― 掌禅寺の 「金龍桜」

  1. 2009/04/02(木) 04:37:04_
  2. 花や実
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
3月23日、今治市菊間町の掌禅寺に咲く、「金龍桜」 を見に行きました。
金龍桜 (きんりゅうざくら) は、樹齢約300年のエドヒガン (江戸彼岸) で、樹高16mの桜です。
金龍桜の名称は、掌禅寺の山号の金龍山に由来しているということです。

金龍桜 1
(クリックすると大きな写真になります)

金龍桜 2
(クリックすると大きな写真になります)

金龍桜 3
(クリックすると大きな写真になります)

金龍桜 4
(クリックすると大きな写真になります)

金龍桜 5
盛りを過ぎた白木蓮と。

金龍桜 6
(クリックすると少し大きな写真になります)
ピンクの花が可愛いですが、咲き始めは桃色で散る間際には白くなるそうです。
去年撮った写真 (桜さくら 7 ― 金龍桜) は、もう少し白い感じでした。

金龍桜 7

3月23日 今治市菊間町池原 掌禅寺にて

オシドリ

  1. 2009/04/01(水) 05:23:17_
  2. 鳥たち
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
3月21日の岩堰行では、思いがけない鳥を見ることができました。
オシドリ です。
(写真はそれぞれ、クリックすると大きな写真になります)

オシドリ 1
オシドリ ガンカモ科 ガンカモ目
今は繁殖期なのでしょうか、番でいました。
夫唱婦随ですね。

オシドリ 2
たまには婦唱夫随 (笑) になったり
オシドリ 3
そっぽを向いたりしますが、
オシドリ 4
仲良く
オシドリ 5 
岸辺の枯れ草の下で、お休みしたりします。

オシドリ 6
オシドリ というと、いつも写真では横から見たところが多いですが、前から見た顔はちょっとユニークです。

愛媛では冬には、大洲市の鹿野川湖に 3000羽ものオシドリが見られるということですが、まだ見に行ったことがありません。
石手川ダムのダム湖 (白鷺湖) でも時々見かけるようですが、初めてオシドリを見ることができて嬉しかったです。
番でいるところを見ることができましたし、何よりそれほど広くない川ですので、近くで撮影できたので、とてもラッキーでした。

3月21日 撮影


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

静

Author:静
花鳥風月、鉄道、手芸など好きなものの写真日記

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2Ad

▲PAGETOP