FC2ブログ

静の 日々是好日

花鳥風月、鉄道、手芸作品など、いろいろな好きなもの、好きなことに囲まれた日々。

過去の写真から 秋 6 ― ホソバツルリンドウ

  1. 2020/09/23(水) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:0
過去の写真です。
今回は、ホソバツルリンドウ です。
リンドウ と ホソバリンドウ は花は同じように見えましたが、ツルリンドウ と ホソバツルリンドウ は花の感じも違っていて、属も違うようです。
それに ツルリンドウ はわりと見かけますが、ホソバツルリンドウ は限られた場所に分布しているように思います。
花期もツルリンドウより遅く、10月下旬で、紅葉を見に行ったときに見ました。

ホソバツルリンドウ (細葉蔓竜胆)
ホソバツルリンドウ 1
(1) ホソバツルリンドウ
リンドウ科 ホソバノツルリンドウ属 多年草
分布 北海道・本州・四国  山地

蔓になっていて、たくさん花が付いていました。
ホソバツルリンドウ 2
(2) ホソバツルリンドウ

ホソバツルリンドウ 3
(3) ホソバツルリンドウ
以上 2011年10月25日 撮影

ホソバツルリンドウ 4
(4) ホソバツルリンドウ

ホソバツルリンドウ 5
(5) ホソバツルリンドウ

ホソバツルリンドウ 6
(6) ホソバツルリンドウ

下向きに咲いているのですが、これは中がよく見えました。
ホソバツルリンドウ 7
(7) ホソバツルリンドウ

ホソバツルリンドウ 8
(8) ホソバツルリンドウ
以上 2012年10月25日 撮影

ホソバツルリンドウ 9
(9) ホソバツルリンドウ

ホソバツルリンドウ 10
(10) ホソバツルリンドウ

たくさん花を付けています。
ホソバツルリンドウ 11
(11) ホソバツルリンドウ
以上 2014年10月26日 撮影

同じような写真ですが、たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。
スポンサーサイト




過去の写真から 秋 5 ― ツルリンドウ

  1. 2020/09/21(月) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:10
過去の写真です。
今回は、リンドウ科の ツルリンドウ の写真です。
ツルリンドウ もあちこちで見かけました。
10月や11月には実も見ました。

ツルリンドウ
ツルリンドウ 1
(1) ツルリンドウ
リンドウ科 ツルリンドウ属 多年草
分布 北海道・本州・四国・九州  山地の木陰
2014年8月21日 四国カルストにて 撮影

淡いピンクの花が多いですが、このツルリンドウは白いです。
ツルリンドウ 2
(2) ツルリンドウ

ツルリンドウ 3
(3) ツルリンドウ
2015年8月22日 四国カルストで撮影

ツルリンドウ 4
(4) ツルリンドウ

ツルリンドウ 5
(5) ツルリンドウ
2016年8月25日 四国カルストにて 撮影

ツルリンドウの実
ツルリンドウの実 1
(6) ツルリンドウの実

ツルリンドウの実 2
(7) ツルリンドウの実
2011年10月20日 瓶ヶ森にて 撮影

ツルリンドウの実 3
(8) ツルリンドウの実

ツルリンドウの実 4
(9) ツルリンドウの実

ツルリンドウの実 5
(10) ツルリンドウの実
2014年11月5日 遅越の滝にて 撮影

同じような写真ですが、たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。

過去の写真から 秋 4 ― アサマリンドウ

  1. 2020/09/19(土) 00:00:00_
  2. 未分類
  3. _ comment:14
過去の写真です。
リンドウの仲間が続きますが、今回は リンドウ と同じく山のほうで咲いていた アサマリンドウ です。
アサマリンドウは瓶ヶ森林道でもわりとよく見かけましたが、ほかの場所でも見ました。
リンドウとは少し違った感じで、5つの萼裂片は平らにひらいています。

アサマリンドウ (朝熊竜胆)
アサマリンドウ 1
(1) アサマリンドウ
リンドウ科 リンドウ属 多年草 日本固有種
分布 本州 (紀伊半島南部・中国地方)・四国・九州
和名の由来 アサマ (朝熊) は、最初に発見されたのが、三重県の朝熊山だったことに由来しているそうです。

アサマリンドウ 2
(2) アサマリンドウ
ろうそくのように見える蕾も可愛いです♪
アサマリンドウ 3
(3) アサマリンドウ
以上 2011年9月8日 撮影

よく開いている花をなかなか見つけられませんでした。
アサマリンドウ 4
(4) アサマリンドウ

アケボノソウ と…
アサマリンドウ 5
(5) アサマリンドウ
以上 2013年10月3日 撮影

アサマリンドウ 6
(6) アサマリンドウ

アサマリンドウ 7
(7) アサマリンドウ

アサマリンドウ 8
(8) アサマリンドウ

これはよく開いています。
アサマリンドウ 9
(9) アサマリンドウ

アサマリンドウ 10
(10) アサマリンドウ

アサマリンドウ 11
(11) アサマリンドウ

左側の花はまだ蕾のようですが、ナギナタコウジュ です。
アサマリンドウ 12
(12) アサマリンドウ
以上 2015年9月27日 撮影

同じような写真ですが、たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。

過去の写真から 秋 3 ― ホソバリンドウ

  1. 2020/09/17(木) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:10
過去の写真です。
前回、リンドウ をUPしましたが、リンドウ は主に山で見かけます。
今回の ホソバリンドウ はリンドウの湿原形ということで、湿地に咲いていました。
ですから撮影場所は瓶ヶ森林道ではなくて、夏にはサギソウが咲く湿地です。

ホソバリンドウ (細葉竜胆)
ホソバリンソウ 1
(1) ホソバリンソウ
リンドウ科 リンドウ属 多年草
分布 本州・四国・九州

リンドウとあまり区別がつかない花ですが、葉はやはりリンドウより細いようです。
ホソバリンソウ 2
(2) ホソバリンドウ

ホソバリンソウ 3
(3) ホソバリンドウ

左側の花は サワヒヨドリ だと思います。
ホソバリンソウ 4
(4) ホソバリンドウ
以上 2015年10月26日 撮影

ホソバリンソウ 5
(5) ホソバリンドウ

ホソバリンソウ 6
(6) ホソバリンドウ

ホソバリンソウ 7
(7) ホソバリンドウ
以上 2017年10月25日 撮影

同じような写真ですが、見てくださって、ありがとうございます。

過去の写真から 秋 2 ― リンドウ

  1. 2020/09/15(火) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:12
過去の写真です。
前回、ハナイカリ をUPするときに、ハナイカリ が リンドウ科だったことに少し驚きました。
今回は、リンドウ科つながりで、リンドウ の写真です。

リンドウ (竜胆)
リンドウ 1
(1) リンドウ
リンドウ科 リンドウ属 多年草
分布 本州 (関東地方以西)・四国・九州  山地、丘陵地、湿った山野、草原に自生
園芸店で売られているのは エゾリンドウ の園芸品種が多いとのことです。

リンドウ 2
(2) リンドウ
以上 2011年9月8日 撮影

リンドウ 3
(3) リンドウ

リンドウ 4
(4) リンドウ

リンドウ 5
(5) リンドウ
以上 2012年10月25日 撮影

リンドウ 6
(6) リンドウ

リンドウ 7
(7) リンドウ
以上 2015年9月27日 撮影

リンドウ 8
(8) リンドウ

リンドウ 9
(9) リンドウ
以上 2016年8月31日 撮影

同じような写真ですが、たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。

過去の写真から 秋 1 ― ハナイカリ

  1. 2020/09/13(日) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:14
相変わらず買い物くらいしか出かけない毎日です。
季節の変わり目になってきて、体調も今ひとつですし…。
ということで、ブログをお休みしようかとも思ったのですが、過去の写真で初秋から晩秋の花たちを自分自身もまた見たくなりましたので、またまた過去の写真をUPします。
夏から初秋の過去の写真は四国カルストの花が中心でしたが、初秋から晩秋の写真は瓶ヶ森林道の花が中心です。
今回は、ハナイカリ です。

ハナイカリ (花碇)
ハナイカリ 1
(1) ハナイカリ
リンドウ科 ハナイカリ属 一年草または越年草
分布 北海道・本州・四国・九州
名前の由来 距がある花冠の形が船の碇に似ていることにより付けられました

ハナイカリ 2
(2) ハナイカリ
2009年9月8日 撮影

ハナイカリ 3
(3) ハナイカリ

ハナイカリ 4
(4) ハナイカリ
2010年9月9日 撮影

ハナイカリ 5
(5) ハナイカリ

青い花は リンドウ です。
ハナイカリ 6
(6) ハナイカリ
2011年9月8日 撮影

ハナイカリ 7
(7) ハナイカリ
2012年9月4日 撮影

こちらは花が終わって、実になっているようでした。
ハナイカリ 8
(8) ハナイカリ
2016年8月31日 撮影

ハナイカリ はこのように8月末から9月初めに咲いていましたが、よく似た感じの イカリソウ は春に咲きますし、科も違います。
ついでに春に見た イカリソウ の仲間もUPします。
ヤチマタイカリソウ (八街碇草) です。
ヤチマタイカリソウ 1
(9) ヤチマタイカリソウ
メギ科 イカリソウ属 多年草
分布 本州 (近畿地方)・四国  石灰岩地・蛇紋岩地
イカリソウの分類上の基本種だということです。
撮影場所は四国カルストの一部、大野ヶ原です。
ヤチマタイカリソウ 2
(10) ヤチマタイカリソウ
2014年5月22日、2015年4月30日 撮影

たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。

手芸 ― こねこ のクリップ

  1. 2020/09/11(金) 00:00:00_
  2. 手芸
  3. _ comment:12
相変わらず、出かけることもなく、動物たちのお手玉 を作った後は、こねこ のクリップを作りました。
この こねこ のクリップもだいぶ以前にキットで買ったものです。
デザイン オリンパス オリジナルキット
製作期間 2020年8月28日~9月3日

こねこ のクリップ
こねこ のクリップ 1
(1) こねこ のクリップ
これがキットに入っていた布などで作ったものです。
クリップなので、ちょっとしたものを挟むことはできます。

こちらは余り布と買った布で作りました。
こねこ のクリップ 2
(2) こねこ のクリップ

こねこ のクリップ 3
(3)  こねこ のクリップ

こねこ のクリップ 4
(クリックすると少し大きな写真になります)
(4) こねこ のクリップ 

見てくださって、ありがとうございます。

手芸 ― 動物たちのおじゃみ

  1. 2020/09/09(水) 00:00:00_
  2. 手芸
  3. _ comment:10
だいぶ以前に 動物たちのお手玉のキットを買っていて、そのままになっていました。
そのキットを作って、家にあった余り布と買った布でもお手玉を作りました。
デザイン 手芸のマキ
製作期間 2020年8月15日~27日

キットのおじゃみ (お手玉)
動物たちのお手玉 1
(1) 動物たちのお手玉
うさぎ と くま と ねこ のお手玉です。

余り布と買った布で作ったお手玉
動物たちのお手玉 2
(2) 動物たちのお手玉
キットには 60g のペレットが入っていたので、20g ずつペレットを入れましたが、少し少ない気がしましたので、余り布と買った布のお手玉には 35g ずつペレットを入れました。

薄紫の布は無地がなかったので、水玉模様の布にしました。
動物たちのお手玉 3
(3) 動物たちのお手玉

動物たちのお手玉 4
(4) 動物たちのお手玉

キットのお手玉と余り布・買った布のお手玉
動物たちのお手玉 5
(クリックすると少し大きな写真になります)
(5) 動物たちのお手玉

6個は ねこ だけのお手玉を作りました。
動物たちのお手玉 6
(クリックすると少し大きな写真になります)
(6) ねこのお手玉

見てくださって、ありがとうございます。

庭で (2020年8月19日)

  1. 2020/09/07(月) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:12
ずっと過去に撮った写真をUPしていましたので、UPが遅くなりましたが、8月19日の写真です。
庭のお花も少なくなりました。

アサガオ (朝顔) はまだ咲いています。
アサガオ 1
(1) アサガオ

アサガオ 2
(2) アサガオ

ヤブミョウガ (藪茗荷) はお花が終わって、実だけになっています。
ヤブミョウガの実 1
(3) ヤブミョウガの実

ヤブミョウガの実 2
(4) ヤブミョウガの実

ヤブミョウガの実 3
(5) ヤブミョウガの実

見てくださって、ありがとうございます。

2020年8月19日 撮影

過去の写真から 15 ― 蝶

  1. 2020/09/05(土) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:10
過去の写真です。
今回は蝶の写真です。
今は蝶を見ることも少なくなりましたので…。

アサギマダラ
アサギマダラ 1
(クリックすると少し大きな写真になります))
(1) アサギマダラ
アサギマダラは何度も見ていますが、ここではハンカイソウに3頭のアサギマダラがやってきていました。

アサギマダラ 2
(2) アサギマダラ

こちらにはアカタテハもいます。
アサギマダラ 3
(クリックすると少し大きな写真になります)
(3) アサギマダラ
以上 2015年7月29日 撮影

カラスアゲハ かな。
カラスアゲハ
(4) カラスアゲハ
ヒオウギにカラスアゲハ
2011年8月25日 撮影

こちらは ミヤマカラスアゲハ だと思うのですが、翅が傷んでいます。
ミヤマカラスアゲハ
(5) ミヤマカラスアゲハ
2015年9月5日 撮影

スミナガシ
スミナガシ 1
(6) スミナガシ

赤い口が印象的です。
スミナガシ 2
(7) スミナガシ
2016年8月8日 撮影

イシガケチョウ
イシガケチョウ 1
(8) イシガケチョウ

ノリウツギの花にやってきたようです。
イシガケチョウ 2
(9) イシガケチョウ

イシガケチョウ 3
(10) イシガケチョウ
2015年7月25日 撮影

たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。
これでとりあえず過去の夏の花たちの写真は終わります。
また初秋から晩秋の花の過去の写真を少し先にUPしたいと思います。
しばらくはまたブログの更新はゆっくりになります。

過去の写真から 14 ― ナガバノコウヤボウキ

  1. 2020/09/04(金) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:10
過去の写真です。
今回は、ナガバノコウヤボウキ の写真です。

ナガバノコウヤボウキ (長葉の高野箒)
ナガバノコウヤボウキ 1
(1) ナガバノコウヤボウキ
キク科 コウヤボウキ属 落葉小低木
分布 本州 (東北地方南部以南)・四国・九州・対馬

ナガバノコウヤボウキはそれほど珍しくはないかもしれませんが、また見たいお花です。
ナガバノコウヤボウキ 2
(2) ナガバノコウヤボウキ
以上 2015年8月9日 撮影

ナガバノコウヤボウキ 3
(3) ナガバノコウヤボウキ

ナガバノコウヤボウキ 4
(4) ナガバノコウヤボウキ

ナガバノコウヤボウキ 5
(5) ナガバノコウヤボウキ
以上 2016年8月8日 撮影

同じような写真ですが、見てくださって、ありがとうございます。
これで過去の写真のお花は一旦、終わりますが、次回は蝶の写真です。

過去の写真から 13 ― シコクママコナ

  1. 2020/09/03(木) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:12
過去の写真です。
今回は、シコクママコナ の写真です。

シコクママコナ (四国飯子菜)
シコクママコナ 1
(1) シコクママコナ
ハマウツボ科 ママコナ属 一年草
分布 本州 (東海地方~中国地方東部)・四国・九州

ミヤマママコナに似ているそうですが、シコクママコナには苞に棘毛状の歯牙があるということです。
シコクママコナ 2
(2) シコクママコナ

シコクママコナ 3
(3) シコクママコナ

シコクママコナ 4
(4) シコクママコナ

上から見たところ
シコクママコナ 5
(5) シコクママコナ

シコクママコナ 6
(6) シコクママコナ

シコクママコナ 7
(7) シコクママコナ
以上 2016年8月25日 撮影

同じような写真ですが、見てくださって、ありがとうございます。
次回は、ナガバノコウヤボウキ の写真です。

過去の写真から 12 ― マネキグサ

  1. 2020/09/02(水) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:10
過去の写真です。
今回は、マネキグサ の写真です。

マネキグサ (招草)
マネキグサ 1
(1) マネキグサ
シソ科 マネキグサ属 多年草 
分布 本州 (千葉県以西)・四国・九州 日本固有種
和名の由来 花を招き猫の手にみたてたことから

マネキグサ 2
(2) マネキグサ

この角度から見ると、とても面白くて可愛い感じです。
マネキグサ 3
(3) マネキグサ
以上 2015年9月5日 撮影

マネキグサ 4
(4) マネキグサ

マネキグサ 5
(5) マネキグサ

上から見たところ
マネキグサ 6
(6) マネキグサ
以上 2016年7月23日 撮影

同じような写真ですが、見てくださって、ありがとうございます。
次回は、シコクママコナ の写真です。

過去の写真から 11 ― ミヤマモジズリ、ミヤマウズラ

  1. 2020/09/01(火) 00:00:00_
  2. 花や実
  3. _ comment:10
9月になりましたが、まだ過去の写真です・
今回は、ミヤマモジズリ と ミヤマウズラ です。
この二つは少しだけしか咲いていませんでしたし、何度もは見てないので、写真が少ないです。

ミヤマモジズリ (深山文字摺)
ミヤマモジズリ 1
(1) ミヤマモジズリ
ラン科 ミヤマモジズリ属 多年草
分布 北海道・本州 (中部以北)・四国
和名の由来 モジズリ (ネジバナ) のような花色と花の付き方をすることから

ミヤマモジズリ 2
(2) ミヤマモジズリ

ちょっと可愛いです♪
ミヤマモジズリ 3
(3) ミヤマモジズリ

可愛いのでアップで
ミヤマモジズリ 4
(4) ミヤマモジズリ

ミヤマモジズリ 5
(5) ミヤマモジズリ
以上 2016年8月25日 撮影

ミヤマウズラ (深山鶉)
ミヤマウズラ 1
(6) ミヤマウズラ
ラン科 シュスラン属 多年草
北海道・本州・四国・九州・琉球諸島 (奄美大島以北)
和名の由来 葉に白い斑点があり、ウズラの卵ににていることから

ミヤマウズラ 2
(7) ミヤマウズラ
以上 2016年8月25日 撮影

同じような写真ですが、見てくださって、ありがとうございます。
次回は、マネキグサ の写真です。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

静

Author:静
花鳥風月、鉄道、手芸など好きなものの写真日記

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


▲PAGETOP