静の 日々是好日

花鳥風月、鉄道、手芸作品など、いろいろな好きなもの、好きなことに囲まれた日々。

御幸寺山 1 (2015年12月7日)

  1. 2016/01/17(日) 00:00:00_
  2. 地元・松山から
  3. _ comment:12
まだ去年の12月7日の写真です。
去年の12月7日、松山市にある山・御幸寺山に登りました。
御幸寺山 1
護国神社の奥にある山です。
御幸寺山 2
標高 164.6m
山の名前は、「みゆきじさん」 という人もあるようですが、私は 「みきじさん」 と呼んでいます。
子どもの頃から馴染みの山ですが、登ったことはなく、今回が初めてでした。

登山道はそれほど歩きにくくはなかったのですが、
御幸寺山 3

ところどころ、階段の丸太を固定していた鉄筋が飛び出しているところがあって、つまずきそうでした。
御幸寺山 4

頂上に近付くと奥の山が見えます。
御幸寺山 5

柑橘もたくさん実っているようでした。
御幸寺山 6

頂上です。
御幸寺山 7

御幸寺山 8

松山総合公園の展望台や松山城が見えます。
御幸寺山 9

御幸寺山 10

御幸寺山 11
思っていたより多くの人が登っているのに出会いました。

下山時に少し寄り道して、柱状節理のようになっている岩を見ました。
御幸寺山 12

鳥がいましたが、とっさのことで、ちゃんと撮れませんでした。
鳥

こちらはメジロですが、やはり暗いです。
メジロ

たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。
次回も御幸寺山の写真で、紅葉や実などの写真です。

2015年12月7日 愛媛県松山市御幸1丁目 御幸寺山 にて


ミニ日記
 昨日は晴れていました。
 とてもいいお天気で、一昨日より気温も上がったようですが、一昨日出かけましたので、昨日は家にいて、フェルトの続きを縫っていました。
 フェルトのミルフィーユは、4分の1カットのイチゴの続きを縫っています。
 昨日は6個仕上がって、12個は途中です。
 今日からお天気が悪くなるようですし、今日も続きを縫おうと思います。
スポンサーサイト

<<御幸寺山 2 (2015年12月7日) | BLOG TOP | オシドリ (2015年12月1日)>>

comment

おはよう御座います。

御幸寺山って標高164.6mですか、ちょうど登り易い高さですね。
頂上からの展望も良さそうで、それで登ってくる方も多いのでしょうか・・。
野鳥は、逆光になると撮るのが難しいですよね。
でも、可愛らしく撮られていると思いますよ。
  1. 2016/01/17(日) 09:20:03 |
  2. URL |
  3. shin
  4. [ 編集 ]

(*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
いつもご訪問いただきましてありがとうございます。

御幸寺山は気楽に登れる山ですね。
鉄筋のむき出しは怖いですね、転ぶと怪我をしちゃいますよね。
  1. 2016/01/17(日) 13:52:45 |
  2. URL |
  3. 彦星
  4. [ 編集 ]

今日は
御幸寺山。。。登られるには、手ごろな山のようですね
柑橘もたくさん実っているようで⇒こういう風景は、そちらの方では当たり前なんでしょうが、こちらでは、実は見ることが出来ない風景なんです
どっさりと実っている木がありましたら、見てみたいです
  1. 2016/01/17(日) 16:48:56 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ
  4. [ 編集 ]

shin さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

> 御幸寺山って標高164.6mですか、ちょうど登り易い高さですね。
そうですね、ゆるやかな登り道ではないですが、それほど大変ではないです。
> 頂上からの展望も良さそうで、それで登ってくる方も多いのでしょうか・・。
お昼休みなどに運動がてら登ることができるのかもしれませんね。
> 野鳥は、逆光になると撮るのが難しいですよね。
とっさでホワイトバランスなどを調節している暇がなかったです。
> でも、可愛らしく撮られていると思いますよ。
ありがとうございます。
  1. 2016/01/17(日) 17:27:33 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

彦星 さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

> 御幸寺山は気楽に登れる山ですね。
見慣れた山でしたので登ってみました。
標高も低いですし、気楽に登ることができますね。
> 鉄筋のむき出しは怖いですね、転ぶと怪我をしちゃいますよね。
むき出しの鉄筋があちこちにあるんです。
気をつけないと、躓いたり、踏んだりしそうでした。
  1. 2016/01/17(日) 17:30:39 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

チャンコナベ さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

> 御幸寺山。。。登られるには、手ごろな山のようですね
運動不足解消に登るのには、ちょうどよさそうです。
> 柑橘もたくさん実っているようで⇒こういう風景は、そちらの方では当たり前なんでしょうが、こちらでは、実は見ることが出来ない風景なんです
愛媛は柑橘が有名ですから、柑橘が生っている光景は普通に見かけます。
> どっさりと実っている木がありましたら、見てみたいです
私はよくわかりませんが、一つ一つの柑橘を大きく甘くするために、摘果しているのではないかと思います。
どっさり実っているというのは、あまり見たことがないように思います。
  1. 2016/01/17(日) 17:35:47 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

^^

こんにちは。

いいですね。

山からのお城の眺め。。。素敵です。
  1. 2016/01/17(日) 20:21:34 |
  2. URL |
  3. あとり
  4. [ 編集 ]

静さん、こんばんは

山登りですか、いいですね。
足を痛めてからはとんとご無沙汰の私です。
牧野植物園でさえ行っていません。
よく大洲城や宇和島城へ行けたと、我ながら感心している現状ですよ。
メジロ、逆光のようですがよく撮れてますよ。
  1. 2016/01/17(日) 22:11:15 |
  2. URL |
  3. jun
  4. [ 編集 ]

あとり さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

> いいですね。
> 山からのお城の眺め。。。素敵です。
低山ですから、すごく眺めがいいというわけでもないですが、松山城も山の上にありますから、よく見えます。
  1. 2016/01/17(日) 22:47:46 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

jun さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

> 山登りですか、いいですね。
> 足を痛めてからはとんとご無沙汰の私です。
山登りというほどの山ではありませんが、春になるとまたお花を見に山へ行きたいと思っていますので、たまには少し運動しないと…と登ってみました。
> 牧野植物園でさえ行っていません。
牧野植物園もよく見ようと思ったら、かなり歩かなくてはいけないですものね。
> よく大洲城や宇和島城へ行けたと、我ながら感心している現状ですよ。
宇和島城も低山というか丘陵の上のお城ですよね。
行くことができて良かったですね!
> メジロ、逆光のようですがよく撮れてますよ。
ありがとうございます。
  1. 2016/01/17(日) 22:52:34 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

こんばんは
眺めも良くてそんなに高い山でもないようですし、
散歩コースにぴったり。。?
正岡子規も歌を詠んだりと、結構 有名な場所なんですね。

準絶滅危惧種のゴホントゲザトウムシの生息地であったりと ちょっと興味がそそられます。。
お寺もあるし。。
  1. 2016/01/19(火) 22:07:37 |
  2. URL |
  3. brosa
  4. [ 編集 ]

brosa さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

> 眺めも良くてそんなに高い山でもないようですし、
> 散歩コースにぴったり。。?
里山はわりと登りにくい山もありますが、ここは登山道がちゃんとしていますから、ちょっと登るにはいいかもしれません。
鉄筋が飛び出しているのには気をつけなければいけませんけどね。
> 正岡子規も歌を詠んだりと、結構 有名な場所なんですね。
私にも馴染みのある山ですが、正岡子規にも馴染みのある山だと思います。
子規さんは、松山のあちこちで俳句を詠んでいますしね。

> 準絶滅危惧種のゴホントゲザトウムシの生息地であったりと ちょっと興味がそそられます。。
> お寺もあるし。。
「お山へ行こう」 のHPを見られたのですね。
そのゴホントゲザトウムシは見たことがないです。
  1. 2016/01/19(火) 23:12:49 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

静

Author:静
花鳥風月、鉄道、手芸など好きなものの写真日記

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2Ad

▲PAGETOP