FC2ブログ

静の 日々是好日

花鳥風月、鉄道、手芸作品など、いろいろな好きなもの、好きなことに囲まれた日々。

列車に乗って 小旅行 12 ― 松江城とその周辺 Ⅲ (2018年10月19日)

  1. 2018/11/01(木) 00:00:00_
  2. 中国地方
  3. _ comment:10
10月19日の写真です。
10月19日に行った松江城の周辺で撮った写真の続きで、今回は 武家屋敷 の写真です。
武家屋敷のひとつが見学できるようになっていました。
松江 武家屋敷 1
(1) 武家屋敷
…武家屋敷は、主屋 (しゅおく)、長屋門 (ながやもん)・塀などからなり、江戸中期の面影を今に伝えています。
 塩見縄手の名前の由来となったとされる塩見小兵衛 (しおみこへえ) も住んだ屋敷で、五百から千石程度の藩士が、屋敷替えによって入れ替わり住んでいました。
 享保18年 (1733年) の大火で焼失後再建されたもので、主屋はその後も幾度かの増改築を経ています。
 平成28年度から3カ年に及ぶ保存修理工事において、解体調査や資料調査により明らかとなった明治期の姿を復元しました。…説明板より抜粋

まず外を一回り
松江 武家屋敷 2
(2) 武家屋敷

松江 武家屋敷 3
(3) 武家屋敷

ツワブキが咲いていました。
松江 武家屋敷 4 ツワブキ
(4) 武家屋敷 ツワブキ

井戸
松江 武家屋敷 5 井戸
(5) 武家屋敷

玄関の間
松江 武家屋敷 6
(6) 武家屋敷

内玄関の間
松江 武家屋敷 7
(7) 武家屋敷

次の間
松江 武家屋敷 8
(8) 武家屋敷

座敷
松江 武家屋敷 9
(9) 武家屋敷

座敷から庭の眺め
松江 武家屋敷 10
(10) 武家屋敷

当主居間
松江 武家屋敷 11
(11) 武家屋敷

奥方居間
松江 武家屋敷 12
(12) 武家屋敷

湯殿
松江 武家屋敷 13
(13) 武家屋敷

台所
松江 武家屋敷 14
(14) 武家屋敷

たくさんの写真を見てくださって、ありがとうございます。
次回も10月19日の写真で、帰りに見た列車や車窓風景の写真です。

2018年10月19日 撮影


ミニ日記
 昨日は曇りでした。
 気温は少し低めでした。
 午前中、用事があって近くの市役所の支所へ行きました。
 ずっと以前は戸籍などの書類を取るのも、支所では時間がかかったりしましたが、今はすぐ取ることができるので便利ですね。
 あとは家でフェルトを縫っていました。
 フェルトのおもちゃ、はたらく車はパトカーを縫っています。
 今回は5つずつ作る予定です。
 タイヤを縫うのに時間がかかっていて、まだタイヤを縫っています。
 今日も続きを縫いたいと思います。
スポンサーサイト




<<列車に乗って 小旅行 13 ― 帰路 (2018年10月19日) | BLOG TOP | 列車に乗って 小旅行 11 ― 松江城とその周辺 Ⅱ (2018年10月19日)>>

comment

おはよう御座います。

武家屋敷って、何だか懐かしい感じのする建物ですね。
湯殿は、他の場所でお湯を沸かして入るのでしょうかね。
台所など、私が子供の頃は似た様な感じでした。
それもそのはず、まきでご飯を炊いていた時代ですものね。
でも、五百から千石程度の藩士って
かなり身分の高い藩士が住まわれていたのでしょうね。
  1. 2018/11/01(木) 09:17:24 |
  2. URL |
  3. shin
  4. [ 編集 ]

おはようございます

松江城・小泉八雲旧居・武家屋敷と松江は歴史が窺える落ち着いた
雰囲気で心が休まる感じがしました。
こういう所ではツワブキの花が引き立てあって似合っていますね。
  1. 2018/11/01(木) 10:29:37 |
  2. URL |
  3. fumi
  4. [ 編集 ]

shin さんへ

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

> 武家屋敷って、何だか懐かしい感じのする建物ですね。
平屋の昔の日本家屋という感じですね。
> 湯殿は、他の場所でお湯を沸かして入るのでしょうかね。
ちゃんと見てなかったのですが、沸かすようにはなってなかったと思いますので、ほかの場所でお湯を沸かしていたのでしょうね。
> 台所など、私が子供の頃は似た様な感じでした。
私はあまり覚えてないのですが、昔は竈がありましたものね。
> それもそのはず、まきでご飯を炊いていた時代ですものね。
まきで炊いたご飯は美味しいらしいですね。
> でも、五百から千石程度の藩士って
> かなり身分の高い藩士が住まわれていたのでしょうね。
お城に近い場所でしたし、家もUPした以外の部屋もありましたから、かなり身分の高い藩士が住んでいたのだと思います。
  1. 2018/11/01(木) 14:44:35 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

fumi さんへ

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

> 松江城・小泉八雲旧居・武家屋敷と松江は歴史が窺える落ち着いた
> 雰囲気で心が休まる感じがしました。
松山にもお城は残っていますが、武家屋敷やお堀などが残っているのは素敵ですね。
小泉八雲の旧居もあって、歴史と文学の街ですね。
> こういう所ではツワブキの花が引き立てあって似合っていますね。
ツワブキの花も素敵ですね~。
  1. 2018/11/01(木) 14:47:14 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

こんばんは

忠実に再現されているんですね。
ちゃんと人形までいて、びっくり。。

湯殿って、もっと大きいのかと思ったら、ごエモン風呂?
意外と質素!台所もそんなに広いわけではないんですね。

今朝は、一番の冷え込みと言ってましたが、寒かった。
昼間は熱いのにこの気温差が体調を悪くしますよね。

フェルトはいつの間にか、アイスから働く車になっていたんですね。パトカー・・!かわいいのが出来そうですね。
完成品が楽しみです。
  1. 2018/11/01(木) 21:19:50 |
  2. URL |
  3. brosa
  4. [ 編集 ]

武家屋敷と言うと、私はTVの時代劇でした
家の中の様子を見たことが無いんです
ここの向け屋敷は、名のあるお屋敷なんでしょうね
  1. 2018/11/01(木) 21:46:56 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

こんばんは、静さん!
この武家屋敷は五百~千石程度の
藩士の屋敷ですから立派ですね!
家臣も10~20人近くいたはずですから・・・
部屋数も多く、庭まで!
そこそこの身分だったのではと思います♪
ちゃんと保存されていることが嬉しいですね!
  1. 2018/11/01(木) 22:15:18 |
  2. URL |
  3. makira
  4. [ 編集 ]

brosa さんへ

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

> 忠実に再現されているんですね。
> ちゃんと人形までいて、びっくり。。
そうですね。
ちゃんと人形がいました。

> 湯殿って、もっと大きいのかと思ったら、ごエモン風呂?
> 意外と質素!台所もそんなに広いわけではないんですね。
五百石から千石くらいの藩士は藩では上級でしょうから、屋敷はわりと広かったし、部屋数も多かったです。
湯殿は昔ですから、こんなものなのだと思います。
台所は写真では狭い感じに見えるかもしれませんが、思ったより広かったです。

> 今朝は、一番の冷え込みと言ってましたが、寒かった。
> 昼間は熱いのにこの気温差が体調を悪くしますよね。
朝は寒くなりましたね。
私は昼間もそれほど暑いとは思わなかったです。

> フェルトはいつの間にか、アイスから働く車になっていたんですね。パトカー・・!かわいいのが出来そうですね。
> 完成品が楽しみです。
アイスクリームのセットを終えて、年賀状用の干支の猪も作りました。
猪は親猪と子猪を1つずつ作っただけですから、すぐにできました。
それから はたらく車のパトカーを作っています。
こういうのは初めて作るので楽しいです。
  1. 2018/11/02(金) 14:26:02 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

チャンコナベ さんへ

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

> 武家屋敷と言うと、私はTVの時代劇でした
そうですよね、私もこちらでは武家屋敷は残ってないので、時代劇でしか見たことがなかったです。
> 家の中の様子を見たことが無いんです
> ここの向け屋敷は、名のあるお屋敷なんでしょうね
五百石から千石の藩士の屋敷だったようですから、わりと上級の藩士が住んでいたのだと思います。
屋敷も広く、部屋数も思っていたより多かったです。
  1. 2018/11/02(金) 14:28:54 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

makira さんへ

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

> この武家屋敷は五百~千石程度の
> 藩士の屋敷ですから立派ですね!
そうですね、わりと広くて部屋数も思ったより多かったです。
> 家臣も10~20人近くいたはずですから・・・
> 部屋数も多く、庭まで!
> そこそこの身分だったのではと思います♪
上級の藩士だったのでしょうね。
見学できた屋敷は当主と家族の部屋だけのようでしたが、入り口の長屋門の横には中間部屋があったようです。
> ちゃんと保存されていることが嬉しいですね!
こういうふうに保存されているといいですよね。
  1. 2018/11/02(金) 14:36:43 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

静

Author:静
花鳥風月、鉄道、手芸など好きなものの写真日記

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


▲PAGETOP